旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

日本の野球 野球

メジャーリーグ労使交渉、4月8日開幕162試合で合意 MLB移籍 鈴木誠也選手はどの球団?

投稿日:

日本人野手の最高峰、鈴木誠也選手がメジャーに挑戦します!楽しみですね。

MLB労使交渉、4月8日開幕162試合 主要項目大筋合意 MLB移籍 鈴木誠也選手はどの球団?をまとめてみました。

 メジャーリーグ労使交渉が合意、4月8日開幕162試合 メジャー最低年俸

新労使協定を巡る米大リーグ機構(MLB)と選手会の交渉が前日から一転、合意に達したことを10日(日本時間11日)、複数の米メディアが伝えた。

シーズンは4月7日(同8日)に開幕し、当初の最終戦から3日間延長を含め、ダブルヘッダーを組みながら162試合フルで、選手への給与も全額が補償されるようだ。

国際ドラフトに関して、この日は双方が条件付きで譲歩した。ぜいたく税の課税基準額、年俸調停の資格を得る前の若手選手に支給するボーナスプール、メジャー最低年俸などの主要項目についても大筋で合意。機構側の最終提案に選手会が投票で多数決をとり、賛成多数で決定した。

新締結する労使協定を巡って、MLBは昨年12月1日(同2日)にロックアウトを実施。移籍交渉などメジャー選手に関わるすべての業務がストップし、メジャー移籍を目指す広島の鈴木誠也外野手(27)やマリナーズからFAとなった菊池雄星投手(30)らの契約交渉も中断。

キャンプは延期され、2月下旬から本格的な対面交渉に入ったが、3月1日にMLBのマンフレッド・コミッショナーが開幕の延期と開幕2カード(5~7試合)の中止を発表した。

国際ドラフトの導入を巡って9日の交渉も決裂し、同コミッショナーは追加で2カードの中止を決めた。両者が合意に達した。

出典 https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202203110000008.html

鈴木誠也、移籍先はレッドソックス?右翼手で開幕スタメン?

スポンサーリンク

それ以前の記事では、広島からポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦する鈴木誠也外野手の移籍先としてサンディエゴ・パドレスが最有力候補に浮上。シアトル・マリナーズ、ニューヨーク・メッツ、サンフランシスコ・ジャイアンツが選択肢の中に残り、最終局面で4球団に絞られている、とされていましたが、この5球団が有力でしょうか。

出典

https://news.yahoo.co.jp/articles/4a63951ad095144efcfdfae23d5cbcfca85b7742

https://www.sankei.com/article/20220218-BM3TB7LO7NMA3AGLMCTLIBXC5A/

まとめ

MLB労使交渉、4月8日開幕162試合 主要項目大筋合意 MLB移籍 鈴木誠也選手はどの球団? をまとめてみました。

スポンサーリンク

-日本の野球, 野球
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。