旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

カーライフ

スバル 新型 XV クロストレック 日本仕様 初公開!性能、値段、納期情報

投稿日:

スバル 新型 XV クロストレック 日本仕様 初公開!性能、値段、納期情報についてまとめました。

スバル XV 新型 クロストレック 日本仕様初公開

スバル 新型 クロストレック 日本仕様 初公開!

スバルは9月15日、新型「クロストレック」の日本仕様プロトタイプを世界初公開した。新型クロストレックは、2023年以降を予定している日本市場導入を皮切りに、順次世界各国市場にて導入予定。

今後、日本国内でもこれまでのモデル名「XV」からクロストレックに名称を変更して販売。

新型クロストレックは、ユーザーのアクティブなライフスタイルに応えるため、クロスオーバーSUVとして突き抜けたデザインに一新。楽しさを感じられる個性的なデザインとした。

クロストレック 日本仕様プロトタイプのボディサイズは4480×1800×1580mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2670mm。最低地上高は200mmを確保している。パワートレーンは水平対向4気筒DOHC 2.0リッター直噴エンジンにモーターを組み合わせたe-BOXER仕様、エンジンやリニアトロニックCVTにも振動や騒音を低減する改良を実施している。

応答遅れが少ないスポーティで上質なステアリングフィールを実現、2ピニオン電動パワーステアリングを採用。ドライバーのステアリング操作軸をモーターアシスト軸から分離した構造とし、操舵初期のフリクションを低減。リニアで滑らかなトルク伝達を可能にするとともに、操舵角に応じてステアリングのギヤ比が変化する「VGR(Variable Gear Ratio)」を継続採用。低速時のよさと高速走行時の直進安定性を両立。

優れた昇圧性能を持つ電動ブレーキブースターを採用、プリクラッシュブレーキの応答性が向上。自転車の急な飛び出しなどへの対応を可能とした。加えて、全車速追従機能付クルーズコントロール使用時の、急な先行車の割り込みなどに対する素早い減速も実現している。

内外装デザイン

エクステリアデザインは、ギアを積み、目的地で仲間と合流し、アクティビティを楽しみながら過ごすような、冒険心をかき立ててくれるようなデザインを具現化。フロントは、厚みを感じさせる高いフード位置によりたくましさを表現。シャープさを感じさせるフロントグリルバーやLEDヘッドライトにより、軽快かつ静観なイメージのフロントマスクに仕立てた。サイドは、クラッディングエリアを拡大し、高い走破性を予感させるとともに、ダイナミックなラインや造形を盛り込んだボディで頼もしさと躍動感を両立させた。また、上級グレードには新意匠の18インチアルミホイールを採用。リアは、キャビンを絞り込むことでフェンダーの張り出しを強調し、安定感を表現。

ボディカラーは、“広がる波間”のような静かな力強さを感じさせる深みのあるいブルーの「オフショアブルー・メタリック」を新色として追加。また、“砂漠の泉(オアシス)”をイメージした清涼感のあるブルーの「オアシスブルー」も新色に追加。

インテリアは使い勝手のよさと居心地のよさを重視し、ドライビングとアクティビティの時間を自然体で過ごせるカジュアルさを表現。さまざまな機能を集約した大型のセンターインフォメーションディスプレイをインテリアの中央に配置した最新のスバル共通のインターフェイスを採用。

11.6インチセンターインフォメーションディスプレイは、大画面がもたらす使い勝手のよさや先進的ですっきりとしたデザインはそのままに、スマートフォンとの連携機能を大幅に強化。スマートフォンと同じ感覚でシームレスに扱えるインフォテイメントシステムに進化。

シートは医学的知見を取り入れ、仙骨を押さえて骨盤を支える構造の新型フロントシートを採用。インテリアのバリエーションは、上級グレードにはファブリック(シルバーステッチ)が、標準グレードにはトリコット(シルバーステッチ)が、それぞれ設定されているほか、メーカー装着オプションで本革シートが設定。

荷室は、従来型同様の大きな荷室開口部と、必要十分な荷室容量を確保。6:4分割可倒式リアシートによって荷室を自在に拡張、荷室部分とリアゲート下部のサイドシルプレートに、滑り止め機能だけでなく、傷の防止という実用性も兼ね備えた、山をモチーフとしたテクスチャーを採用。

スバル 新型 XV クロストレック 安全性能

4つのカメラ映像を合成して車両の周辺360度を映し出す3Dビュー/トップビューを採用して、車両周辺の視認性を向上。画面表示には新採用のセンターインフォメーションディスプレイを使用して、従来のマルチファンクションディスプレイより大きく高精細な画面。

スポンサーリンク

新型ステレオカメラユニットは、画角を従来型の約2倍に拡大。画像認識ソフトや制御ソフトを改良して、より広く遠い範囲まで認識できるようになったほか、フロントガラス取り付け式に変更するとともに、レンズフードを採用して、レンズに誤って触れることがないようにした。

加えて、低速での走行時に新型ステレオカメラよりも広角で、二輪車/歩行者を認識できる単眼カメラを新採用することで、プリクラッシュブレーキで対応できるシチュエーションを拡大。

ハイ&ロービームランプとポジションランプに加え、ターンランプもLED化。さらに交差点での右左折時などに進行方向を照らすLEDコーナリングランプをスバル車として初採用。

スバルグローバルプラットフォームのポテンシャルが引き上げられ、万が一の衝突の際に乗員保護だけでなく歩行者保護も視野に入れ、衝突安全性能を磨き上げた。対前面衝突ではバンパービームを車両外側まで拡大するとともに、衝突サブフレームを追加。対車両の衝突事故において自車の衝突安全性だけでなく、相手側の乗員を守る性能(コンパティビリティ)も高めている。さらに、「アウトバック」と同様に実際の正面衝突事故を想定して、コンパティビリティを評価する新たな前面衝突試験も導入。

2020年に導入したコネクティッドサービス「SUBARU STARLINK」を採用

スバル 新型 クロストレック 日本仕様 性能

新型クロストレック(日本仕様/プロトタイプ)諸元
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,480×1,800×1,580mm(ルーフレール・シャークフィンアンテナなしの場合は全高-30mm)
ホイールベース 2,670mm
最小回転半径 5.4m
最低地上高 200mm
室内長×室内幅×室内高 1,930×1,505×1,200mm
乗員人数 5名
車両重量 1,540~1,620kg
エンジン 水平対向4気筒DOHC 2.0リッター直噴+モーター(e-BOXER)
トランスミッション リニアトロニック(CVT)
ステアリング ラック&ピニオン式
サスペンション形式(前/後) ストラット式独立懸架/ダブルウィッシュボーン式独立懸架
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ・ホイール 225/60R17、225/55R18(グレードにより異なる)
センターディスプレイ 11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ(一部グレード)
メーター 4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ
アイサイト 新世代アイサイト+広角単眼カメラ
コネクティッドサービス SUBARU STARLINK(一部グレード)
駐車支援(360度視界拡張) デジタルマルチビューモニター(一部グレード)

スバル 新型 クロストレック 日本仕様 値段、納期情報

今回は公開のみ。発売は2023年

新型クロストレック、明確な日本での販売などの日程は示されておらず、いま明らかになっているのは「2023年以降を予定」とのこと。

ref:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1438943.html

まとめ

スバル 新型 クロストレック 日本仕様 初公開!性能、値段、納期情報についてまとめました。

スポンサーリンク

-カーライフ
-, , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。