旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

カーライフ

スバル 新型インプレッサ世界初公開 サイズ 性能 日本発売は? についてのまとめ

投稿日:

スバル 新型インプレッサ世界初公開 サイズ 性能 日本発売は? についてまとめました。

スバルは2022年11月17日(現地時間)、ロサンゼルスモーターショー2022において、新型「スバル・インプレッサ」の米国仕様車を世界初公開した。

新型インプレッサは、第6世代にあたるモデル。「愉しくなる優れた運動性能、安心できる先進安全装備、とことん使えるユーティリティーなど、その機能や実用性をさらに高めた」

スバル 新型インプレッサ世界初公開 サイズ エクステリア

北米仕様車のボディーサイズ

全長×全幅×全高=約4475×1780×1480mm

ホイールベースは約2670mm

エクステリアのデザインは先行デビューしているクロスオーバーモデルの新型「クロストレック」に通じ、プロテクターをはじめとするSUVらしい意匠こそないものの、多くの共通点。

スバル 新型インプレッサ インテリア

車内は、「ドライビングとアクティビティーの時間を自然体で過ごせる使い勝手の良いカジュアルなインテリア」が追求されている。一部のグレードは、STARLINK対応の11.6インチマルチインフォメーションディスプレイを装備。スマートフォンアプリを介したリモートロック/アンロック、リモートクラクション・ライト機能、リモート車両位置確認機能などが利用できる。そのほか、各席(運転席/助手席/前席/全席)への集中送風モードを新たに設定するなど、快適性にも配慮されている。

新型インプレッサの車台はスバルグローバルプラットフォームをさらに進化させたもので、フルインナーフレーム構造の採用や、構造用接着剤の適用拡大、サスペンション取り付け部の剛性アップにより、従来型に対して動的質感の向上が図られている。

スバル 新型インプレッサ エンジン 馬力

エンジンは、

2リッター水平対向4気筒(最高出力152hp、最大トルク145N・m)と、

2.5リッター水平対向4気筒(同182hp、同178N・m)の2本。

スポンサーリンク

パワートレインについてはアクティブトルクスプリットAWDの制御を刷新し、応答性、ハンドリング、コーナリング性能を改善。日常使いのさまざまな走行シチュエーションにおいて、意のままに操れる快適な走りを実現したとアピール。ダイレクトで自然な操舵感を追求したという2ピニオン電動パワーステアリングの採用。

運転支援システム「アイサイト」は、より広く遠い範囲まで認識できるようになった新世代のものが全車に標準装備。電動ブレーキブースターを採用し、プリクラッシュブレーキにより自転車の急な飛び出しなどへの応答性が向上。全車速追従機能付きクルーズコントロール使用時の、急な先行車の割り込みなどに対する素早い減速も実現している。降車の前に後席確認の案内をすることで子どもやペットの置き去りを防止する「後席シートベルトリマインダー」機能も全車に。

モデルラインナップは、2リッターの「ベース」「スポーツ」と、2.5リッターの「RS」。

RSは、米国市場における「WRX」の先駆者となった「2.5 RS」を想起させるというグレード、スポーティーなキャラクター。パワフルなエンジンや8段マニュアルモード付きのリニアトロニック(CVT)、シフトパドルが与えられるほか、「RS」オーナメント(フロントドア/バックドア)、18インチアルミホイール、ブラック塗装のパーツ類(フロントグリル/サイドスポイラー/ドアミラー)、カーボン調インナートリム、レッドのシートバックなどを装備。Harman/Kardonのオーディオシステム(10スピーカー)や電動サンルーフ、ランバーサポート付き10ウェイパワーシート(運転席)といったオプションも。

日本発売は?

新型インプレッサは、米国市場の導入(2023年春以降を予定)を皮切りに、世界各国の市場に順次導入される見込み。

ref. https://www.webcg.net/articles/-/47325

まとめ

スバル 新型インプレッサ世界初公開 についてまとめました。

スポンサーリンク

-カーライフ
-, , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。