旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

カーライフ

スバル 新型レックス発売!ダイハツロッキー/トヨタライズとの違い ネット情報まとめ

投稿日:

スバル 新型レックス発売!ネット情報まとめについてまとめました。

スバル初小型SUV「レックス」発売 最新の「スマートアシスト」軽量高剛性ボディ

 

スバルは新型小型SUV「レックス」を発表

レックスは、ダイハツからOEM供給を受けるモデル

スバル初の小型SUV「レックス」

スバルは新型小型SUV「レックス」を発表。レックスは、ダイハツからOEM供給を受けるモデル。

レックスは、普段の街乗りから遠出まで、シーンを選ばず安心してドライブを楽しむことができるスバル初の小型SUV。

最小回転半径5.0mの取りまわしの良さを実現しながら、人や荷物もしっかり載るパッケージングに、最新の「スマートアシスト」をはじめとした安全装備が充実。

エクステリアデザインはコンパクトなボディでありながら、大きく張り出したフェンダーや大径タイヤなどによって、SUVらしいアクティブさと頼もしさを強調し、力強い存在感を表現したスタイリングに仕上げた。

ボディカラーは全9色を設定。Zグレードにはコントラストが目を引く2トーンカラーも2色設定。

安全性能では、後方確認をサポートするブラインドスポットモニターとリアクロストラフィックアラートを採用した最新の「スマートアシスト」を装備することで、高い予防安全性能を実現。

2019年度JNCAP衝突安全性能評価でファイブスターを受賞したボディを採用、衝突安全性能を高めた。

走行性能では、軽量高剛性ボディと新開発のサスペンションの組み合わせにより、優れた操縦安定性やマイルドな乗り心地を実現。

軽量かつコンパクトな1.2Lエンジンによって力強くスムーズな発進時の加速と低燃費を両立させ、日常使いでストレスのない快適な走。

インテリアデザインは、アクティブな印象の空間設計とし、フロントシートを中心に赤い加飾をあしらうなどしてスポーティに仕立て。

室内は、後席の頭上空間や座面形状の工夫によりコンパクトなボディでありながら広々とした空間を実現。荷室スペースは大容量空間を確保。大型サブトランクや上下2段調節式カーゴボードの活用によりさまざまなシーンにあわせた使い方が可能。

2グレード構成で価格(税込)は、182万円~217万1100円。

スポンサーリンク

スバル初の小型SUV「レックス」発売 最新の「スマートアシスト」に軽量高剛性ボディ

最小SUV「新型レックス」なぜ2WDだけ? 初の小型SUV投入の狙い

 レックスとはかつてスバルが販売していた軽自動車で、30年ぶりに車名が復活。新型レックスはトヨタ「ライズ」と同じく、ダイハツ「ロッキー」のOEM車として販売

新型レックス、ダイハツロッキー/ライズとの違い

ロッキー/ライズは1リッターターボ、1.2リッターガソリンと1.2リッターハイブリッド(e-SMART HYBRID)の3つ、新型レックスは1.2リッターガソリンのみ。  ロッキー/ライズには4WDの設定がある一方、新型レックスは2WDのみ。

ロッキー/ライズの4WDは1リッターターボに設定されていますが、1.2リッターガソリン/ハイブリッドは2WDのみ。1.2リッターガソリンを搭載する新型レックスも2WDのみ。なお、内外装の違いはエンブレム程度。  パワートレインの設定上、新型レックスは2WDのみということになったのです。

 

新型レックス、ファーストカーでスバル車に乗っているユーザーが、セカンドカーとして購入するという受け皿的な役割を考えているとのこと。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0db4dfebfbdbc4484be58ed181e1563caa9e7fa0?page=2

レックスに関する動画

レックスに関するネット情報まとめの動画はこちらです。

まとめ

スバル 新型レックス発売!ダイハツロッキー/トヨタライズとの違い ネット情報をまとめました

スポンサーリンク

-カーライフ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。