旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

アメリカンフットボール 日本のアメフト

アメフト社会人Xリーグ2019のリーグ戦形式、X1 SUPERとX1 Areaについて

投稿日:


数年おきにリーグの形式が見直しされている日本のアメフト社会人リーグ、Xリーグですが、来年のリーグ戦の形式に関して発表がありました。
その、新しく導入されるX1 SUPERとX1 Areaとは、どのような形式なのか、どう決定するのか、についてまとめました。

アメフト社会人Xリーグ2019のリーグ戦形式について

8月21日、日本社会人アメリカンフットボール・Xリーグの2018年シーズンの記者発表会で、2019のリーグ戦形式についての公式な発表がありました。

その発表によりますと、Xリーグは2019年のシーズンから、8チームから構成される「X1 SUPER(エックス・ワン・スーパー)」と、3地区12チームからなる「X1 Area(エックス・ワン・エリア、東・中・西)」という新たなリーグ戦形式を導入することを決定しました。

これらはどのようなリーグになるのでしょうか?

アメフト社会人Xリーグ2019の「X1 SUPER」とは?

この、X1 SUPERの8チームには、2018年レギュラーシーズンの後、JXB(ジャパンXボウル)トーナメントに出場する資格を得た8チームとなります。これは今年のXリーグのレギュラーシーズン結果によって決定される、上位の8チームということです。

これは現在のスーパー9の1位から6位までのチーム、そして、ワイルドカード勝者2チームを指します。

X1 SUPERの特徴としては、レギュラーシーズンが所属8チームによる総当たりリーグ戦7試合となる、ということです。

これに加えて、ポストシーズンとしてJXBトーナメント戦で優勝を競う、という形になります。

このトーナメントの優勝戦が従来通り、ジャパンXボウルと称されます。

このJXBの勝者が、2020年1月の日本選手権・ライスボウルに出場する権利を得ます。

今季上位の8チームが、2019年X1 スーパーに所属することになりますので、今年の結果は来年のリーグ編成にダイレクトに影響することになります。

常勝チーム以外の7−10位あたりのチームにとっては、この8チームに残れるかどうかがカギとなりそうです。

スポンサーリンク

アメフト社会人Xリーグ2019の「X1 Area」とは?

X1 Areaは、上記のX1 SUPER に漏れたチームが、EAST, CENTRAL, WEST の3つのディビジョンに、それぞれ4チームに分かれて編成されます。X1 Areaは、2018年シーズンにXリーグ所属の10チームに、X2から昇格の2チームが加わり12チームとなります。

また、X1 SUPERに決まった8チームの東西チームの数によって、X1 AREAのチーム編成が変わってきます。

まとめ

社会人アメフトリーグ・Xリーグ現行の2018年のシーズンは、「3地区によるリーグ戦、スーパー9+バトル9」となっておりますが、来年2019年のシーズンからは、「X1スーパー+ X1エリア」となることが決定されました。これは、8チームから構成される「X1 SUPER」と、3地区12チームからなる「X1 Area(東・中・西)」という新たなリーグ戦形式となります。

今年の各チームはX1スーパー入りを目指してのサバイバルシーズンとなりそうですね。

出典
https://www.bbm-japan.com/_ct/17199641

スポンサーリンク

-アメリカンフットボール, 日本のアメフト
-, ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。