旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

日々の暮らし

台風21号が日本に接近中。今後の進路と注意点

投稿日:

2018年9月4日、台風21号が日本に接近中です。
気になるところです。どれくらいの勢力で、進路はどうなるのでしょうか?
そこで、台風21号の今後の進路と注意点をまとめました。

台風21号が日本に接近中

現在、4日午前3時45分の状況では、台風第21号は非常に強い勢力を維持しています。
4日朝にかけて四国と和歌山の間に向けて北上しております。

今回の21号の特徴は、まずは勢力が「非常に強い」ことです。
そして、「速度を速めて一気に北上」します。

このため9月4日は台風の進路にあたる所だけでなくて、進路から離れた所も含めた広い範囲で風が急激に強まります。
なので、東海から関東にかけても強い風が吹き荒れることが予想されています。

スポンサーリンク

台風21号の今後の進路と注意点

台風21号は、宮崎に接近した後、4日(火)の日中に四国から近畿にかなり接近します。
そして、現在の進路だと淡路島の上を通り本州の兵庫県から大阪に上陸する見込みとなっております。
そして、本州を日本海側に北に移動します。

現在、警報と注意報が出ている場所があります。
天気予報は常に各員んしてください。

現在の警報が出ている県 九州の鹿児島 宮崎 大分 四国の高知 愛媛 徳島  本州の兵庫、和歌山、三重、愛知

更新 朝7時
四国4県、中国地方の広島岡山鳥取、九州の沖縄、近畿のすべての県、府、都に警報が出ました。

https://www.jma.go.jp/jp/warn/

台風による風の影響は広範囲

台風の通過のピーク時には四国や近畿で最大風速45から60、東海や北陸、東北では最大風速30メートルと予想されています。
これは、走行中のトラックが横転するほどの猛烈な風、というレベルです。

台風から少し距離のある関東でも看板が落下する程度に強い風が吹くと予想されています。

海は大しけとなります。そして、四国や近畿、東海では猛烈にしける見込みとなっています。

台風による雨は短時間でも非常に猛烈

台風21号を取り巻く雨雲はかなり発達しています。

特に台風の中心近くの雨雲がかかると、視界が悪くなるくらいの非常に激しい雨が降ります。

そして、局地的には猛烈な雨が降ることが予想されます。なので、車の運転は危険です。

あっという間に川の水かさが増えて、氾濫する危険もあります。

4日夜から5日昼ごろにかけては寒冷前線が四国から本州付近を通過するため、台風本体による雨がいったんやんだ後にも、再び強い雨が降ることが予想されています。

火曜は交通機関の情報を確認

台風21号の接近に伴い、西日本や東海を中心に交通機関への大きな影響が懸念されています。
すでに運休や間引き運転を決めている列車、新幹線もあります。最新の交通情報や気象情報を頻回に確認してください。

まとめ

台風21号について、進路と注意点をまとめました。
最新の交通情報や気象情報を頻回に確認してください。

スポンサーリンク

-日々の暮らし
-,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。