旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

欧州旅行

関西国際空港の台風被害とフライト再開の状況について。9月14日午前

投稿日:

9月4日に台風21号が近畿地方を直撃しました。これにより大きな被害がもたらされました。
特に旅行者の移動、そして経済的な打撃が問題となっているのが、関西国際空港の現状です。
懸命の復旧作業で、回復している機能もありますが、依然として完全な状況ではありません。
そこで、関西国際空港の台風被害とフライト再開の状況について、9月14日朝の情報をまとめました。

関西国際空港の台風被害について

台風21号が関西国際空港を襲いました。
被害は、高波の影響による浸水、そして、タンカーが連絡橋に激突したことによるものです。
関西エアポートによると、第1ターミナルビルのA滑走路と航空機の駐機場のほぼ全域が冠水しました。これにより空港滑走路が閉鎖されました。
関西空港建物の地下にも浸水、そして配電設備など重要な機械室にも浸水しました。
これによって4日午後3時過ぎには第1ターミナルビルの一部が停電する事態となりました。
さらに、関西国際空港島とりんくうタウンを結ぶ連絡橋にタンカーが衝突しました。これにより、連絡橋が大きく損傷しました。
そこから10日間でどこまで復旧が進んだのかまとめます。

スポンサーリンク

関西国際空港のフライト再開状況について9月14日朝の情報

9月14日(金)~ 9月20日(木)のフライト情報のまとめ(9月13日20:00時点)

9 月 14 日(金)より、関西国際空港は、第1ターミナルビル及び第 2 ターミナルビルを一部運用を再開します。
フライト情報のまとめは以下のサイトでご確認ください。
しかし、フライトは変更の可能性があり、詳細は航空会社のホームページ等もあわせて確認してください。

https://www.kansai-airport.or.jp/sites/default/files/2018-09/9月14日~20日%20フライト情報(日本語)関西修正済_0.pdf

まとめ

関西国際空港の台風の被害とフライト再開の状況について、9月14日朝の情報をまとめました。
完全な復旧再開の見込みは不明です。
新たな情報が入り次第アップデートします。

スポンサーリンク

-欧州旅行
-, ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。