旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

スウェーデン編 欧州旅行

ストックホルムの空港から市内へ最速アクセス方法、アーランダエクスプレスの時刻表と鉄道料金

投稿日:

北欧旅行は、冬はオーロラを見に行くのもおすすめですね。
スウェーデンの首都、ストックホルムは美しい水辺の街です。夏は散策するものいいでしょう。冬は美しいイルミネーションとクリスマスマーケットなどが楽しめます。ぜひ行って見たいですね。
そこで、ストックホルムの空港から市内への最速でのアクセス方法、時刻表と鉄道料金をまとめました。

ストックホルムの空港から市内への最速アクセス方法はアーランダエキスプレス

ストックホルムの空港は二つあります。その一つアーランダ空港はストックホルムから北に42kmの場所にあります。
もう一つはブロンマ空港ですが、ほとんどの国際線はアーランダ空港から発着します。

そこで、アーランダ空港からストックホルム市内へのアクセス方法をご紹介します。

その移動方法として、最速で快適な方法はアーランダエクスプレスという鉄道です。これはスウェーデン鉄道SJが運行しています。

スポンサーリンク

ストックホルムの空港から市内へのアクセスはアーランダエクスプレスが最速

ストックホルムの空港から市内へのアクセスとしては、ノンストップでアーランダとストックホルム中央駅を結ぶアーランダエキスプレスArlanda Expressが最速でもっとも快適です。所要時間は20分、列車の間隔は日中は10ー15分です。

自由席のみですが、荷物置き場も多く、車内は非常に清潔です。フリーWi-fiも使えます。

空港からストックホルム市内へのアクセス、アーランダエクスプレスの時刻表

時刻表は以下のサイトからアクセスできます。午前4時から夜中午前1時台まで発着しています。

https://www.arlandaexpress.com/tidtabell.aspx

空港からストックホルム市内へのアクセス、アーランダエクスプレスの鉄道料金

料金は以下のサイトで確認してください。成人の場合、26歳以上は片道280クローナ、往復540クローナです。
17歳以下の子供が同乗の場合は無料となります。
また、複数人割引も木曜日から日曜日にあります。

https://www.arlandaexpress.com/fares.aspx

ストックホルム空港内のアーランダエクスプレスの駅へのアクセス

ストックホルムの空港、アーランダエクスプレスの駅へのアクセス方法はこちらです。

ターミナル2、3、4、5がアーランダ空港の旅客機の発着ターミナルですが、どのターミナルからも駅へのアクセスは簡単にできます。
まず、アーランダエキスプレス用の駅、アーランダ駅は地下にあります。その地下に移動するエレベーターがありますので、ターミナル到着ロビーの表示に従うと、駅に直結します。

Arlanda Södra とArlanda Norraの二つの駅があります。Arlanda Södra はTerminal 2, 3 ,4の地下です。また、Arlanda NorraはTerminal 5の地下で始発駅(終着駅)となります。

その際に空港内の案内所、もしくは自動販売機でアーランダエキスプレスのチケットを買いましょう。英語表示がありますので、購入は簡単です。メジャーなクレジットカードが使用できます。

列車内での購入は可能ですが、割高となります。

なお、アーランダには、3つ目の駅があります。SKY CITYにあるArlanda Central Stationアーランダ中央駅です。
間違えないようにしてください。
この駅には、ストックホルムローカルトラフィックSLのストックホルムからウプサラを結ぶ路線の電車も停車します。また、SJの普通列車も停車します。

なので、掲示板の表示を注意して、正しくアーランダエクスプレスに乗車する2つの駅をご確認ください。

なお、ストックホルム中央駅のホームはわかりやすい表示がある専用のプラットホームなので間違えることはありません。

アーランダエキスプレスは全て黄色い車両です。

まとめ

ストックホルムの空港、アーランダ空港からストックホルム市内への最速のアクセス方法は、列車、アーランダエクスプレスとなります。
この値段と時刻表、アーランダ駅への空港内アクセスをまとめました。
空港からストックホルム市内への快適な移動が約束されます。

スポンサーリンク

-スウェーデン編, 欧州旅行
-, , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。