旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

参議院の選挙次回2022年はいつ?2019年の結果と定数、改選について

投稿日:

現在の日本の国政は、自民党と公明党の与党連合政権の長期政権となっております。

ところで、衆議院と参議院では、それぞれ異なる選挙日程と選挙制度を持っております。

そこで、参議院選挙について、そして参議院選挙次回2022年はいつなのか、定数、前回2019年の結果について、さらに改選と選挙区についてまとめました。

参議院選挙次回2022はいつ?

参議院は任期は6年ですが、3年ごとに半数の改選が行われます。
直近の参議院選挙は、2019年(令和元年)7月21日 日曜日 に行われました。

参議院議員通常選挙は、公職選挙法によると、議員の任期満了日の30日以内に、公示は投票日の17日前までに行われることとなっています。

次回の参議院選挙で改選される議員は、2016年の7月10日に執行された、第24回参議院議員通常選挙で選出された議員で、この議員方の任期満了日は2022年令和4年7月25日です。

次の参議院議員の選挙、第26回参議院議員通常選挙は2022年の夏、具体的には、6月25日から7月25日の間の日曜日、ということになります。

スポンサーリンク

参議院の定数は?前回2019年の結果について

参議院議員の定数は248人です。
任期は6年ですが、3年ごとに半数124人の改選が行われます。

追記、下記の2018年7月の公職選挙法改正による参議院議員定数など訂正事項をご確認ください。
直近の参議院選挙、第25回参議院議員通常選挙は2019年の7月21日に投開票が行われました。

改選数124 選挙区:74 比例区:50

与党
比例代表における得票率
自由民主党 (35.37%)
立憲民主党 (15.81%)
公明党 (13.05%)
日本維新の会 (9.80%)
日本共産党 (8.95%)
国民民主党 (6.95%)
れいわ新選組 (4.55%)
社会民主党 (2.09%)
NHKから国民を守る党 (1.97%)
その他(1.46%)
獲得議席率
自由民主党 (45.97%)
立憲民主党 (13.71%)
公明党 (11.29%)
日本維新の会 (8.06%)
日本共産党 (5.65%)
国民民主党 (4.84%)
れいわ新選組 (1.61%)
社会民主党 (0.81%)
NHKから国民を守る党 (0.81%)
無所属 (7.26%)

自公連立政権の与党は併せて改選定数124の過半数(63)を超える計71議席を獲得したが、改選議席(77)からは6減らした。
自由民主党は選挙区で38、比例で19、合わせて57議席を獲得した。これは前回参院選を1議席上回るものの、改選66議席には届かなかった。また自民党は前回参院選後、平野達男を入党させることにより、27年ぶりの単独過半数を回復していたが、これを維持できなかった。
公明党は公認候補者を擁立した7つの選挙区において、前回に続き全勝。比例でも7議席を獲得し、合わせて14議席を獲得。

まとめ

参議院の選挙次回2022年はいつ?2019年の結果と定数、改選についてまとめました。

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, , , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。