旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について

外国人入国水際対策最新情報 12月11日 コンゴ民主共和国、チリ、デンマーク、米国(ルイジアナ州)

投稿日:

外務省の海外安全ホームページでは有用な情報が掲載されています。

外国人入国水際対策最新情報 コンゴ民主共和国、チリ、デンマーク、米国(ルイジアナ州) 12月11日をまとめました。

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置

【要旨】1 12月13日午前0時以降、以下の国・地域からの帰国者・入国者について、検疫所の宿泊施設での待機期間を変更することとします。コンゴ民主共和国、チリ、デンマーク、米国(ルイジアナ州)2 12月11日午前0時以降、以下の国からの帰国者・入国者について、検疫所の宿泊施設での待機を求めないこととします。 サウジアラビア

水際強化措置に係る指定国・地域一覧 令和3年12月10日時点 1 12月10日付けの追加指定

検疫所の宿泊施設での待機期間の変更

待機なし → 10日間待機+外国人再入国原則拒否: コンゴ(民) 【12月13日午前0時以降適用開始】

待機なし → 3日間待機 →チリ、米国(ルイジアナ州) 【12月13日午前0時以降適用開始】

3日間待機 →6日間待機: デンマーク 【12月13日午前0時以降適用開始】

3日間待機 →: 待機なし : サウジアラビア 【12月11日午前0時以降適用開始】

(1)検疫所の宿泊施設での10日間待機(退所後、入国後14日目まで自宅等待機)措置の対象国・地域 (11か国)

アンゴラ、エスワティニ、コンゴ(民)、ザンビア、ジンバブエ、ナミビア、ボツワナ、マラウイ、南アフリカ共和国、 モザンビーク、レソト ※赤字は、外国人の再入国原則拒否対象国。

(2)検疫所の宿泊施設での6日間待機(退所後、入国後14日目まで自宅等待機)措置の対象国・地域 (13か国)

イスラエル、イタリア、英国、オーストラリア(ニューサウスウェールズ州、 北部準州)、オランダ、韓国、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、ポルトガル

※トリニダード・トバゴ、ベネズエラ、ペルー (12月10日以降、この3国・地域からの帰国者等のうち有 効なワクチン接種証明書保持者、3緑字の国・地域からの帰国者等 のうち有効なワクチン接種証明書非保持者について、検疫所の宿泊 施設での待機を求めず、14日間の自宅等待機に切り替える。)

スポンサーリンク

(3)検疫所の宿泊施設での3日間待機(退所後、入国後14日目まで自宅等待機)措置の対象国・地域 (39か国・地域)

アイスランド、アイルランド、インド(カルナータカ州、マハーラーシュト ラ州、ラジャスタン州)、オーストラリア(首都特別地域)、オーストリア、 ガーナ、カナダ(アルバータ州、オンタリオ州、ケベック州、ブリティッ シュ・コロンビア州)、ギリシャ、クロアチア、スイス、スペイン、チェコ、 チリ、ナイジェリア、ノルウェー、ブラジル(サンパウロ州)、フランス、 仏領レユニオン島、米国(カリフォルニア州、コネチカット州、コロラド 州、ニューヨーク州、ネブラスカ州、ハワイ州、ペンシルベニア州、マ サチューセッツ州、ミズーリ州、ミネソタ州、メリーランド州、ルイジア ナ州、ワシントン州)、ベルギー、香港、ルーマニア

※アルゼンチン、ウクライナ、ウズベキスタン、エクアドル、ケ ニア、コスタリカ、コロンビア、スリナム、ドミニカ共和国、ト ルコ、ネパール、ハイチ、パキスタン、フィリピン、モロッコ、 モンゴル、ロシア(沿海地方、モスクワ市)

※12月10日以降、これらの国・地域からの帰国者等のうち有効なワクチ ン接種証明書非保持者、2緑字の国・地域からの帰国者等のうち有 効なワクチン接種証明書保持者、3緑字の国・地域からの帰国者等 のうち有効なワクチン接種証明書非保持者について、検疫所の宿泊 施設での待機を求めず、14日間の自宅等待機に切り替える。

の国・地域は、オミクロン株に対する指定国・地域 (計42)

まとめ

新型コロナ感染症最新水際対策措置 最新情報をまとめました。

詳細https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C156.html

クリックして1210_list.pdfにアクセス

スポンサーリンク

-政治について
-, , , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。