旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

カーライフ

新型スバル レガシィ アウトバック 日本と欧州仕様の違いについて 

更新日:

日本では昨年秋、最新型スバルレガシィアウトバックが発売され、注目を集めております。

そこで海外仕様についての違いなど、欧州在住オーナーからの情報をまとめました。

欧州某国在住のA氏、昨年秋にスバルアウトバックを購入しました。

写真のカラーはシルバーメタリックですが、A氏はクリムゾンレッドメタリックを購入。

新型スバル レガシィ アウトバック

欧州仕様の違いについて

日本仕様と欧州仕様との一番の違いは、まず、名前です。

日本ではレガシィアウトバックですが、欧州ではレガシィという部分はなく、スバルアウトバックとして販売されています。

■レガシィの冠を付けている理由は?

海外では「アウトバック」を名乗っていますが、国内では先代に引き続き「レガシィ」という冠を付けて、正式名称は「レガシィ アウトバック」になります。レガシィというと、国内ではやはり認知度が高いということと、スバル車のなかでレガシィはレジェンド的な存在になります。そこを大切に残していきたかったということになります。(村田 誠PGM)

出典 https://driver-web.jp/articles/detail/39207/2/1/1

そして大きな違いは、車の心臓

エンジンです。

日本は1.8Lターボ一種類

そして欧州仕様は2.5L ノーマルアスピレーション そう、ノンターボです。

スポンサーリンク

■北米は2.5L・NAと2.4Lターボ、欧州は2.5L・NAエンジンですが、なぜ国内は1.8Lターボのみになったのの?

海外では2.5LのNAですとか、北米ですと2.4Lのターボエンジンもあるわけですけれども、やはり日本の市場環境を考えた際に、環境性能や動力性能が両立するエンジンとして、日本の市場にマッチしているということで、1.8Lターボを選択しております。(村田 誠PGM)

出典 https://driver-web.jp/articles/detail/39207/2/1/1

このエンジンについては、日本のYouTubeでの複数の試乗レポートでも大きく取り上げられています。

重量がかなりあるレガシィになぜ日本では国内は1.8Lターボのみなのか?と。

スバルからの公式な回答は、日本のマーケット対策、環境性能、(そして大きな違いはもちろん燃費)も考えてとのことです。

しかし、試乗レポートでも皆さん、軒並み歯切れが悪い。やはり加速域での圧倒的なものがない、ということでしょう。

ある試乗レポートでは、多分のちに日本にも2.4Lターボがマーケットに出てくるのでは?と予想して言っておりました。

実際はどうでしょうね?まあ値段も跳ね上がるでしょうけど、スバルのフラッグシップカーとして、本社で議論がされているでしょう。

そして欧州と北米の2.5L・NAはどんなもんなのでしょうか?

それらのレポートをこれから連載していきます。

スポンサーリンク

まとめ

スバルレガシーアウトバック欧州仕様情報をまとめました。

スポンサーリンク

-カーライフ
-, , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。