旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

カーライフ

新型スバル レガシィ アウトバック 日本 と欧州仕様の違いについて インテリア

更新日:

日本では昨年秋、最新型スバルレガシィアウトバックが発売され、注目を集めております。

日本仕様と海外仕様についての違いなど、欧州在住オーナーからの情報をまとめました。

欧州某国在住のA氏、昨年秋にスバルアウトバックを購入しました。

写真のカラーはシルバーメタリックですが、A氏はクリムゾンレッドメタリックを購入。

シリーズその1はこちら

最新スバルレガシィアウトバック 日本と欧州仕様の違いについて 

新型スバル レガシィ アウトバック

欧州仕様の違いについて インテリア

日本仕様と欧州仕様との一番の違いは、まず、ハンドルです。

日本の助手席に当たる場所が運転席です。

多くの海外の国では通行レーンが日本とは逆になっております。(イギリスを除く)

なので、日本への海外からの輸入車同様、ハンドルの位置は逆です。

スポンサーリンク

そして、日本では、メーターは12.3インチのフル液晶タイプ。運転に必要な情報をグラフィカルに表示し、少ない視線移動で瞬時に認識でき、速度計と回転計の2眼表示やナビゲーション画面、アイサイト画面が切り替えられます。

しかし、欧州使用では液晶タイプではなく、普通の速度計、回転計となっております。

もちろんそれで困ることは全くありません。

スポンサーリンク

大画面!11.6インチ縦型デンターインフォメーションディスプレイ

今回のアウトバック、11.6インチの縦型デンターインフォメーションディスプレイが採用されています。
これはでかい!
大画面かつ高精細のディスプレイにナビゲーションをはじめ、車両設定やエアコン調整などさまざまな機能を集約されています。
これは国内仕様でも海外仕様でも同様ですが、海外仕様では言語が設定できます。
そして、海外仕様ではなんと、日本語設定がオプションにありません!
なので、英語もしくはその国の言語が選択されることになります。
日本人としては複雑ですが、この 2.5L NA  は日本では売られていないので、こんなもんかなと。
ステアリング、革のシートなど、それ以外の違いは探せばあるのかもしれませんが、とりあえずまず気がついた点はこれくらいでしょうか。
後、海外では燃費表示、リッターあたり何キロ、ではなく、100キロ走行に必要なガソリンの量が表示されます。最新の日本者はどうなのでしょうか?

まとめ

スバルレガシーアウトバック欧州仕様情報 インテリアをまとめました。

スポンサーリンク

-カーライフ
-, , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。