旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

カーライフ

新型スバル レガシィ アウトバック 日本と欧州仕様の違い アイサイトX

更新日:

日本では昨年秋、最新型スバルレガシィアウトバックが発売され、注目を集めております。

日本仕様と海外仕様についての違いなど、欧州在住オーナーからの情報をまとめました。

今回は、注目のアイサイトに関してです。

欧州某国在住のA氏、昨年秋にスバルアウトバックを購入しました。

写真のカラーはシルバーメタリックですが、A氏はクリムゾンレッドメタリックを購入。

 

新型スバル レガシィ アウトバック

 日本と欧州仕様

違いについて アイサイトX

日本仕様と欧州仕様との走行性能に関しては、まずは共通点から触れます。

そう、アイサイトXの標準装備です。

アイサイトX(エックス)。
それは、「高度運転支援システム」を搭載した、最も進化したアイサイト。

一定の条件を満たした自動車専用道路において、アイサイトの快適性を飛躍的に高め、安全運転をサポートする最先端の安全テクノロジーです。GPSや準天頂衛星「みちびき」などからの情報と、車線単位の道路情報を持つ3D高精度地図データを組み合わせることで、自車位置を正確に把握。運転支援機能を大幅に拡張します*1。作動条件が揃うとメーターにアイコンが表示され、ステアリングのスイッチを押すとシステムが作動。幅広いシーンでアクセル・ブレーキ・ステアリング操作のアシストを行い、快適なロングドライブをサポートします。

出典 https://www.subaru.jp/legacy/outback/safety/safety2_2

これは日本のスバルのサイトでの説明となっております。海外でもみちびきが利用されているのかどうかは不明です。

そして、パネル全面が液晶の日本仕様とは表示が異なる場合がありますが、アイサイト使用時の表示は基本的に共通です。

渋滞の運転負荷に関して

日本語のスバルのサイトでは、

[渋滞時ハンズオフアシスト*2

自動車専用道路上での渋滞時(0km/h~約50km/h)、一定の条件を満たすとステアリングから手を離すことが可能。渋滞時のドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。

となっております。海外では日本ほどの渋滞はなく、この機能はまだ使ったことがないとのことです。実際、どのような状況でもステアリングから手を離すとすぐに警告が発せられますので、手放し運転の車ではないという認識です。

 

カーブでも安心して運転支援機能を使える

[カーブ前速度制御*3

自動車専用道路を走行中、進入するカーブの曲率に合わせて適切な速度に制御。急なカーブを走行中でも、ツーリングアシストの運転支援機能を安心して継続的に使用することができます。

スポンサーリンク

 

そして、

車線変更を安心してスムーズに行える

[アクティブレーンチェンジアシスト*5

自動車専用道路での高速走行時(約70km/h~約120km/h)、ドライバーが方向指示器を操作し、システムが作動可能と判断すると、ステアリングを制御して車線変更のアシストを行います。人の運転感覚に近い滑らかな制御を行うため安心です。

これらが高速道路走行中でよく使われる機能です。

ただし、高速道路上での車線変更時、完全に滑らかかどうかというと、やはり違和感はあるとのことです。

 

一番の重宝は、前方との車の車両感覚を保ち、前方が減速するとこちらも自動に減速、そして前方が加速すると自然に設定速度まで加速されること。設定速度はハンドルについてるアイサイトの設定を変えれば可能なので、アクセルを踏まずに右手だけで速度変更が可能です。

高速道路での走行の安全性に関しては

ドライバーの万一の異常に備える

[ドライバー異常時対応システム*6

ツーリングアシスト作動中に長時間ステアリングから手を離しているとシステムが判断した場合や、渋滞時ハンズオフアシスト作動中にわき見や居眠りを検出した場合に警告を行います。それでもステアリングを握らない場合は、ドライバーに異常が発生したと判断。徐々に減速してハザードランプやホーンで周囲に知らせ、停止後には全ドアのロックを解除します。

との説明ですが、実際は、長時間ステアリングから手を離して、ではなくて、ほんの数秒離しただけで警告が発せられます。なので高速道路では手放し運転自動運転というコンセプトの車とは言えません。常にハンドルには手を置いて、あとは車線に応じて車が場所を微調整するという形です。

注意が必要だったのは、工事中で車線がこまめに変わっている場合は、速度によっては完全に信頼できる感じではなかったので、自分で操舵するべきでした。

ちなみに、わきみ運転の警告も通常走行を含めて頻回に行われます。

結論としては、スバルのサイトの警告通り

アイサイトXだけに頼った運転は、絶対に行わないでください。本システムは運転者の判断を補助し、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。●アイサイトXの認識性能・制御性能には限界があります。●アイサイトXは自動運転装置ではありません。運転にあたっては常に周囲の安全と自車の動作を確認し、危険を感じた際には直ちにステアリングやブレーキ操作等を行い危険を回避してください。●

が重要です。ただし、高速道路での走行においてかなりドライバーの運転負荷は軽減され、危険回避も可能と言えます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

スバルレガシーアウトバック欧州仕様情報 アイサイトをまとめました。

アウトバックシリーズ

https://okonomijyoho.com/category/カーライフ

スポンサーリンク

-カーライフ
-, , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。