旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

カーライフ

スバル またリコール レヴォーグ インプレッサ XV WRX レガシィ 27万台リコール

投稿日:

スバル またリコール レヴォーグ インプレッサ XV WRX レガシィ 27万台リコールについてまとめました。

スバル、レヴォーグなど27万台リコール 海外向け波及も

主力5車種は「レヴォーグ」「インプレッサ」「XV」「WRX」「レガシィ」。国内のリコール対象になったのは14年5月13日から18年8月20日に生産した5車種のうち計24万7383台で、ブレーキ部品に不具合の可能性がある。WRXについては14年6月11日から20年3月25日に生産した車両のうち2万2841台で後退灯の不具合の可能性がある。

17~18年に検査不正や品質問題が相次いで発覚したスバルだが、今回のリコール対象車両は同時期に生産した車両となる。18年に発表した中期経営計画では「品質こそ最重点のテーマ」(中村知美社長)と打ち出していたが、顧客からの信頼回復は道半ばだ。

電動パーキングブレーキのコネクターの樹脂材料の選定が不適切でコネクターが割れることがあり、パーキングブレーキが作動しないおそれがある。また後退灯のスイッチ内部で材料が腐食する場合があり、後退灯が点灯しなくなる可能性がある。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC216EX0R20C22A7000000/

スポンサーリンク

スバル レヴォーグなど、24万7000台をリコール…電動パーキングブレーキが作動しないおそれ

SUBARU(スバル)は7月21日、『レヴォーグ』など5車種24万7383台について、電動パーキングブレーキが作動しないおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『レヴォーグ』『インプレッサ』『XV』『WRX』『レガシィ』の5車種で、2014年5月13日から2018年8月20日に製造された24万7383台。

対象車種は、電動パーキングブレーキ用ハーネスコネクタの樹脂材料の選定が不適切なため、融雪剤等の影響からコネクタが割れることがある。そのため、車両振動等によりハーネスコネクタが抜け、警告灯を点灯させ電動パーキングブレーキが作動しない、または解除できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、ハーネスコネクタを点検し、対象であれば抜け止めクリップを装着する。

不具合は188件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

https://response.jp/article/2022/07/21/359936.html

https://www.youtube.com/watch?v=Av7ASuUhC8Q

世界で60万台規模のリコールになる可能性もあるとのこと、スバル大丈夫?

手動パーキングブレーキがいいのでは?という意見も

まとめ

スバル またリコール レヴォーグ インプレッサ XV WRX レガシィ 27万台リコールについてまとめました。

スポンサーリンク

-カーライフ
-, , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。