旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

カーライフ

日本カーオブザイヤー22-23 軽自動車サイズのEV、「サクラ」と「eKクロスEV」「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」は、韓国ヒョンデの『アイオニック5』受賞

投稿日:

日本カーオブザイヤー22-23 軽自動車サイズのEV、「サクラ」と「eKクロスEV」と決定!の記事 をまとめました。

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」 軽自動車タイプのEVが初受賞

この1年間に国内で発表された新車から自動車評論家らが最も優れた車として選ぶ賞に、軽自動車タイプのEV=電気自動車が初めて選ばれました。

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、自動車評論家らが車のコンセプトやデザイン、性能などを総合的に評価して選ぶもので、ことしで43回目。

選考の結果、ことしは日産自動車と三菱自動車工業が共同で開発した軽自動車サイズのEV、「サクラ」と「eKクロスEV」が選ばれました。

選考した委員会によりますと、軽自動車の規格を採用し、現実的な車両価格としたことで日本でのEV普及の可能性を高めたことなどが評価されたということで、軽自動車のEVが受賞するのは初めてです。

ことしは、メルセデス・ベンツなどの海外メーカーに加え、トヨタ自動車やスバルなど国内メーカーも相次いでEVを発売しました。

調査会社のマークラインズによりますと、ことし1月から10月までに国内で販売されたEVは、テスラを除いて、去年の同じ時期の2.8倍、3万9000台余りに上り、去年1年間の台数を上回って過去最高。

スポンサーリンク

来年も、中国メーカーのBYDが日本市場に乗用車を新たに投入するなど各社が新型車を投入する予定

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221208/k10013917441000.html

「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」は、韓国ヒョンデの『アイオニック5』がこちらも史上初の受賞

輸入車で最も得票が多かった1台が選ばれる「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」はヒョンデのEV、アイオニック5が受賞。ヒョンデは史上初のノミネートで、初の10ベスト入りを果たし、今回の受賞。

評価理由「革新的なエクステリア/インテリアデザイン」「498km~618km(WLTCモード)という実用的な航続距離や卓越した動力性能」など。

かつて“ヒュンダイ”として日本市場に展開していたが2010年に撤退。電動車ブランドとして再上陸したブランド

部門賞は、

「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」(秀でた内外装デザインを持つクルマ)はBMW『iX』、

「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」(革新的な環境・安全その他技術を備えたクルマ)は日産『エクストレイル』、

パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー(感動的なドライブフィールを味わえるクルマ)はホンダ『シビックe:HEV/シビックタイプR』、

「K CAR オブ・ザ・イヤー」(総合的に優れた軽自動車)は本賞と同じく日産『サクラ』/三菱『eKクロスEV』がそれぞれ受賞した。

BMWのデザイン・カー・オブ・ザ・イヤー受賞は、昨年度の『4シリーズ』に続き2年連続。日産は本賞、部門賞を含め3賞を獲得した。

https://response.jp/article/2022/12/08/365021.html

スポンサーリンク

-カーライフ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。