旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

ノーベル賞について

村上春樹氏はノーベル賞を2017に獲得できるか?産経新聞の記事から。

投稿日:

スウェーデン・アカデミーにて10月5日午後1時からノーベル文学賞の発表が行われます。

今年は有力な日本人候補者もいた生理学・医学賞、物理学賞、そして化学賞で日本人が受賞を逃しております。

だからこそ、日本人の関心はまさに一点、毎年候補者として名前が挙がる、村上春樹氏(68)が今年こそノーベル文学賞を獲得できるか、どうか、です。

気がつけば、彼ももうすぐ70歳、という年齢だったんですね。村上朝日堂の安西水丸さんのシンプルな彼の似顔絵の印象や、毎日長距離走っている印象が強いわけですが。

産経新聞の記事から、今年取れる可能性を考察しました。

村上春樹氏のノーベル賞への産経新聞の記事から

http://www.sankei.com/life/news/171004/lif1710040003-n1.html

先日、産経新聞が、村上さんを特集した記事を掲載しました。

この記事によると、村上さんは2006年に「フランツ・カフカ賞」を受賞しましたが、この賞がノーベル文学賞の登竜門として有名で、この年以降、毎年彼の名前が世界のブックメーカーの受賞候補者の人気上位者として挙げられているとのことです。

そして、ノーベル文学賞発表前に、日本でファンとマスコミが多いに盛り上がる、という状況がこの10年続いております。
 
ノーベル文学賞の今までの歴史を見ると、政治的色合い、そして近年は世界の各地域から受賞者持ち回り、順番制といった傾向が見られるとのことです。村上さん受賞の可能性が高いと言われていた2012年に中国人作家、莫言氏が受賞したこともあり、同じ東アジアということでしばらく「彼の順番」は回ってこないだろう、というのが文芸評論家、川村湊氏の予想です。

スポンサーリンク

私の予想では、去年のミュージシャン、ボブ・ディランの受賞というサプライズでこの賞は新しい展開を見せたので、今回はまさに回帰して正当な文学を選ぶだろう。そして、多数の作品が世界中に翻訳されて、世界中に根強いファンを持つ村上春樹氏をここで選ぶのは、賞の注目を集めるという点でも賞の権威を保つにも有効であり、十分na可能性があります。

そう、今日受賞するのは村上氏だというのが私の予想です。

村上春樹氏ノーベル文学賞受賞!(私の予想)の発表の瞬間の日本時間は?

スウェーデン時間では午後1時ですが、スウェーデンと日本の時差は7時間、日本の方が早いので、日本時間では2017年10月5日木曜日、午後8時ということになります。
ノーベル財団のウェブサイト(http://www.nobelprize.org/)にアクセスすると、Youtubeの画面がトップに出ています。これは発表時間になるとライブ放送になります。ここで受賞者発表の様子をライブ中継で見ることができます。

もしくは、数分後にはネットニュースですぐ流れるでしょうから、結果はすぐ伝わるでしょう。

しかし、最近は全くワクワクしませんが、昔だと、レコード大賞の発表の瞬間のときめき、のような感覚を久々に味わいたければ、やはりライブ映像に限りますよね!これはもう、受賞の感動の瞬間を見逃したくないです。

多分、テレビを見ていても、速報テロップで結果がわかることと思います。9時からのNHKのニュースもチェックが必要ですね。大量の日本人報道陣がストックホルムの発表会場、そして村上さんの家の近くに集結しているはずなので、様々な映像が見られるでしょう。

まとめ

10月5日日本時間午後8時に、ノーベル文学賞の受賞者がスウェーデン・アカデミーで発表されます。日本人作家、村上春樹さんが受賞できるかどうかに注目が集まっております。文芸評論家は東アジアからは難しいとのことですが、私の予想では彼の受賞です。

スポンサーリンク

-ノーベル賞について
-,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。