旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

ノーベル賞について

ノーベル賞の女性受賞者は少ない。女性初2回の受賞、最年少受賞者は?

更新日:


キュリー夫人の似顔絵

長い歴史を誇るノーベル賞、その受賞者を調べていくと、女性の受賞者が非常に少ない、ということがわかってきました。
これからはどんどん増えて行く可能性はもちろんありますが。

そこで今回、今までのノーベル賞の歴史における女性の受賞者について、2回受賞者と最年少受賞者などを調べてみました。

ノーベル賞の女性受賞者は少ない

1901年から2016年までで、重複を除くいて881人のノーベル賞受賞者がいます。そのうち、女性の受賞者は48人で、延べ49回受賞しています。

これらの情報はノーベル財団の公式ホームページに記載された過去すべての受賞者の記録からカウントされております。その出典はこちらです。
https://www.nobelprize.org/nobel_prizes/lists/all/

女性のノーベル賞受賞者数を、分野別で数の多い順に並べると、ノーベル平和賞が16人、文学賞が14人。生理学・医学賞が12人、化学賞が4人、物理学賞が2人、そして、経済学賞が1人の延べ49人ということになります。1人の研究者が物理と化学の二つの分野で受賞しておりますが、彼女については後で述べます。

スポンサーリンク

ノーベル賞を女性初で受賞したのは?

ノーベル賞を女性初で受賞したのは誰か?

ポーランド出身の物理学者・化学者であるマリア・スクウォドフスカ=キュリー氏が、1903年に放射線の研究でノーベル物理賞を受賞しました。
彼女は、キュリー夫人、として有名ですね。

彼女はポーランド出身で、その後はフランスに移住、そこで夫であるピエール・キュリーとともに、放射線、放射現象の研究で大きな成果をあげました。

ノーベル賞を女性で2回受賞したのは?

ノーベル賞を女性で2回受賞したのは誰か?

これも、キュリー夫人です。

1903年の物理学賞受賞、そして1911年にノーベル化学賞を受賞しています。化学賞の受賞理由は、ラジウムとポロニウムの発見。そしてラジウム化合物の特筆すべき研究でした。

キュリー夫人は、2度のノーベル賞受賞者となった男女合わせて初めての研究者であり、さらに、物理学賞と化学賞という異なる分野でノーベル賞を授与された最初でさらに現在のところ唯一の人物です。

これはまさに偉業と言っていいでしょうね。

彼女が最初に受賞してからすでに100年以上経ちますが、果たして、今後2回受賞する女性の研究者は出てくるでしょうか?

ノーベル賞を最年少で受賞した女性は?

ノーベル賞を最年少で受賞した女性は、2014年にノーベル平和賞を受賞したパキスタン人の女性、マララ・ユスフザイ氏
彼女は受賞時に17歳でした。彼女が男性女性と合わせても最年少の受賞です。

ちなみに男性の最年少は、1915年にノーベル物理学賞を受賞したオーストラリア人、ローレンス・ブラッグで、受賞時には25歳でした。この時父と共に受賞しております。

平和賞と物理学賞と分野が全く異なるので、一概には同じ基準で評価することはできません。

さらに、ノーベル平和賞のあり方や意味合いが、他の受賞分野とは大きく異なることも、彼女が最年少で受賞した理由の一つとも言えるでしょう。

彼女の受賞理由などは、こちらのウィキのリンクでご確認ください。

まとめ

ノーベル賞の女性の受賞者は男性受賞者に比べて非常に少なく、48人しか受賞しておりません。そんな中、女性初の受賞者キュリー夫人は物理学賞と化学賞の二つの賞を受賞しております。また、マララ・ユスフザイ氏が17歳でノーベル平和賞を受賞しましたが、彼女がノーベル賞の歴史の中で最年少受賞者です。

<関連記事>

<今年の注目はなんといっても文学賞受賞作家、カズオイシグロ>

彼の代表作、私を離さないで、についてのまとめはこちらです。彼を知るにはいい作品です。
↓ ↓ ↓ ↓
カズオイシグロの私を離さないで、小説映画テレビと綾瀬はるかとの対談について

彼の日本語能力や作品での日本の描写についての考察記事はこちらです。
↓ ↓ ↓ ↓
カズオイシグロ氏は日本人?日本語能力は?作品の中の日本の描写はどう作られた?

ストックホルムでの記者会見と講演はこちらにまとめました。
↓ ↓ ↓ ↓
カズオイシグロ氏ノーベル賞の記者会見で母親の原爆体験を語る。日本語も披露

2017年度のノーベル平和賞受賞団体ICAN への彼のコメントはこちらです。
↓ ↓ ↓
2017年度のノーベル平和賞はICAN アイキャンが受賞!カズオイシグロ氏も絶賛。日本人候補と9条について

注目の最新作はこちらです。

彼の文体や作風についてのまとめはこちらです。
↓ ↓ ↓ ↓
カズオ・イシグロ氏ノーベル賞受賞。彼の文体・作風、新作、日本語について。

ノーベル賞に関する関連記事はこちらになります。あわせてご確認ください。
↓ ↓ ↓ ↓
ノーベル賞の授賞式はいつ行われる?会場や晩餐会の様子は?テレビで観られる?

ノーベル賞の晩餐会参加者はどんな方々?何人くらい?席順は?

ノーベル賞受賞者数大学別ランキング。日本の受賞者数、分野、国立大学出身者は?

ノーベル賞を受賞した日本人は何人?平和賞の受賞者は?文学賞は?

ノーベル賞のノーベル氏の本名は?生まれた国は?遺産が本当に使われているの?

ノーベル賞の生理学・医学賞を受賞した日本人は誰?山中伸弥氏の業績、iPS細胞とは?

ノーベル賞、日本人は経済学で取った?化学賞の日本人受賞者は?物理学賞は?

スポンサーリンク

-ノーベル賞について
-,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。