旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

読売新聞の世論調査で立憲民主党の支持率が低下。自民党との差が広がる

更新日:

立憲民主党は昨年の衆議院選挙の時に誕生した、旧民主党、そして民進党の流れを組む政党です。
まだ1年も経ってない党ですが、立憲民主党の支持率に大きな乱れが生じています。
そこで、立憲民主党の支持率の推移と低下について。自民党との差についてまとめました。

立憲民主党の支持率の推移と低下について

立憲民主党の支持率の推移について、読売新聞の過去の調査をまず見て見ましょう

立憲民主党の支持率
(読売新聞の電話調査結果)
2017年12月 9%
2018年1月 8%
2018年2月 9%
2018年3月 9%
2018年4月 10%
2018年5月 7%
2018年6月 6%
2018年7月 8%
2018年8月 4%

立憲民主党の読売新聞の調査では、去年の年末から今年の夏にかけて支持率は6−10%の間でしたが、ついに今年の8月の調査で5%以下の4%という支持率の低下を招きました。

出典は読売新聞のホームページから

スポンサーリンク

自由民主党の支持率の推移について

では、この間の自由民主党の支持率の推移を見ましょう

自由民主党の支持率
(読売新聞の電話調査結果)
2017年12月 39%
2018年1月 40%
2018年2月 42%
2018年3月 38%
2018年4月 37%
2018年5月 37%
2018年6月 38%
2018年7月 41%
2018年8月 40%

自民党の支持率は一定していて、ほぼ40%で去年の年末から変化はありません。

そして、8月の読売新聞の全国世論調査で、安倍内閣支持率は50%となりました。これは7月の前回調査から45%から5%上昇し、不支持率は40%で前回45%から5%減りました。

安倍政権も自民党も安定した支持を得ている、というのがこの2018年8月の結果です。

立憲民主党と自民党の支持率の差は?

2018年8月の読売新聞の世論調査結果によると、立憲民主党の支持率4%と自民党支持率40%の差は36%となりました。
立憲民主党は1年も経たずして正念場を迎えました。

立憲民主党と自民党の支持率の差の理由は

立憲民主党の支持率の低下の理由としては、国会で安倍内閣に対して全く無意味で証拠もない疑惑を延々と続けたこと、18日間の審議拒否、そして、トドメは3時間に渡る枝野幸男氏の内閣不信任案提出の演説、そして魅力のない議員とその発言、自党の議員の疑惑には無視を決め込む態度など、あらゆる点において、支持者をも呆れさせた、ということになります。

今後、数%支持率が復活する可能性はありますが、自民党を脅かす存在となる可能性は低いと思われます。

まとめ

立憲民主党は昨年の衆議院選挙の時に誕生した政党で、まだ1年も経ってない党ですが、2018年8月の読売新聞の世論調査によると、立憲民主党の支持率が4%と低迷、自民党との差には36%となりました。
その支持率低迷の理由をまとめました。

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。