旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

サッカー サッカー日本代表

サッカー元U19日本代表の木下康介選手の経歴、ドイツ・スウェーデンのチームでの成績、プレースタイル

投稿日:

サッカー元U19日本代表の木下康介選手を知っている人は多いと思います。
若くして海外に飛び出したエリート選手です。
現在、スウェーデンリーグ初の日本人選手として活躍している選手です。
どういう経緯でスウェーデンに移籍したのでしょうか?
ここで、木下康介選手の経歴を追って見ましょう

サッカー元U19日本代表の木下康介選手の経歴について

サッカー元U19日本代表の木下康介選手は1994年10月3日でまだ23歳のサッカー選手です。
東京都出身です。
日本では2007年 – 2009年 横浜FCジュニアユースでプレー、そして、2010年 – 2012年は 横浜FCユースでプレーしました。2012年シーズンの6月には2種登録選手としてトップチームにも合流しています。

そして、U-17日本代表、U-19日本代表にも選出されています。

そして2013年、18歳の段階で、ドイツのフライブルクへ移籍しました。

2011年の段階で、マンチェスターシティーのテストを受けて高い評価を受け、翌年正式に入団オファーを受けた逸材の海外挑戦として注目されました。 

スポンサーリンク

サッカー元U19日本代表の木下康介選手のドイツでの経歴と成績について

2013年にドイツに挑戦した木下選手。
2013年 – 2014年 は、SCフライブルクU-19
2014年 – 2016年 は、SCフライブルクIIでレギオナルリーグ(ドイツ連邦リーグの4部リーグ)でプレーしました。

しかしながら、怪我などもあり、ゴールを量産することはできませんでした。
そして、フライブルグでトップチームに入ることはできませんでした。
2016年10月、レギオナルリーグのFC08ホンブルクへ加入し、4試合で1点という成績でした。

サッカー元U19日本代表の木下康介選手のスウェーデンでの経歴と成績について

その後、スウェーデンに渡り、スウェーデントップリーグのチーム、ハルムスタッズBKの練習に参加、契約を勝ち取り、移籍しました。

このチームは1914年3月6日に創設された歴史のあるチームです。4度のリーグ制覇と1度のカップ制覇を経験しています。

本拠地ハルムスタッドはスウェーデンの小さな地方都市です。今年卓球世界大会が開催された町として覚えている人もいるでしょうか。
過去に、スウェーデン代表、日本でもプレーしたフレドリック・ユングベリも在籍していました。
最近はトップリーグと2部リーグを行ったり来たりで、2017年はトップリーグに返り咲きました。

しかし、2017のシーズンは成績が悪く、16チーム中15位となり2部リーグスーペルエッタンに降格しました。

この時、途中まで指揮していたのが、現在清水エスパルスのヤン・ヨンソン氏です。
彼は、このチームを解雇された後、昨年の7月10日にサンフィレッチェ広島と契約、見事に残留に貢献しました。

昨年2017年のシーズンは、開幕戦になんと一発レッドカードで退場となり、その後も途中からの出場が多くなり、リーグ戦では23試合1得点3アシスト、カップ戦では1試合1得点0アシストという結果でした

2018年、今季のリーグで木下選手の持ち味が生かされ、現在までは19試合11得点0アシスト、チームも16チーム中4位と再びトップリーグに戻る位置に近いです。

スウェーデンでの2年間の成績は、カップ戦を含めて43試合13得点です。

木下康介選手のプレースタイルについて

190cm、85Kgの日本人としては破格のサイズの大型FW、プレースタイルは俊敏にしてパワフル、さらに持久力もあるという魅力的な選手です。
ドイツ語も堪能な木下選手、来季は再びドイツに挑戦、そして日本代表入りも期待できる選手です。

まとめ

木下康介選手は若い世代の日本代表として、海外に挑戦した選手です。
残念ながらドイツでは怪我の影響もあり、トップリーグでのプレーはかないませんでした。
しかし、2017年スウェーデンのトップリーグでプレーした最初の日本人選手となりました。
2018年は2部リーグでゴールを量産中です。若くて身体能力に恵まれた、期待の選手です。
今後の彼の活躍に注目しましょう。

スポンサーリンク

-サッカー, サッカー日本代表
-, ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。