旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

アメリカンフットボール 日本のアメフト

クリスマスボウル2018佼成学園対立命館宇治の試合経過と結果について

投稿日:

クリスマスボウルは、東西アメフト高校代表が決戦、チャンピオンを決定する伝統ある試合です。

昨年は佼成学園と関西大学第一が対決し、36-16で佼成学園が2連覇を果たしました。

クリスマスボウル2018佼成学園対立命館宇治の試合経過と結果についてまとめました。

クリスマスボウル2018は佼成学園対立命館宇治

関西大会優勝校と関東大会優勝校によって繰り広げられるクリスマスボウル2018は佼成学園高校対立命館宇治高校の対戦となりました。

佼成学園高校が三連覇を果たせるかどうか?に注目が集まりました。

スポンサーリンク

クリスマスボウル2018は佼成学園対立命館宇治の詳細決定!日程、開催場所について

第49回全国高等学校アメリカンフットボール選手権大会 決勝戦

<日 時>
平成30年12月24日(月曜日)  試合開始 13時キックオフ

<場 所>
会場:ヤンマーフィールド長居
〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-1

<試 合>
佼成学園対立命館宇治

クリスマスボウル2018佼成学園対立命館宇治の試合経過について

この試合、両チーム合わせて10のタッチダウンとなる手に汗握る熱戦でした。

第1クオーター

立命館宇治のQB庭山のキープタッチダウン、キックも決まり 7-0
立命館宇治の山下がパスを受け、TD 、キック決まり 14-0
立命館宇治の関口が走り込んでTD 、キック決まり 21-0

1Q終了 立命館宇治 21-0 佼成学園
開始3分の先制TDを皮切りに第1クオーターに3TDを先取、立命館宇治が幸先良いスタートでした。
立命館宇治のランが光ったクオーターです。

第2クオーター

佼成学園の森川が走り込んでTD 、キック決まり 21-7
立命館宇治の伊藤の27YDフィールドゴール成功 24-7
佼成学園のQB山﨑から北川へのパスが決まりTD 、キックも決まり 24-14

前半終了、24-14で立命館宇治が10点のリードで折り返しました。
佼成学園はパスは封じられ気味でしたが、ランが決まるようになり、この2Qの終盤にはパスでのTDも決まりました。

第3クオーター

立命館宇治の横川のランでTD、 TFP決まらず6点追加 30-14
立命館宇治の伊藤の24YDフィールドゴール成功 33-14

第3クオーターを終えて33-14と立命館宇治がさらにリードを19点に広げました。

第4クオーター

佼成学園の高野のランTD 2ポイントトライは失敗して6点追加 33-20 13点差に追い上げる。
佼成学園の森川のランTD TFP蹴れずパスも外して6点追加 33-26 7点差。
佼成学園の森川のランTD TFPも決まり7点追加 33-33 同点
この段階で残り時間は3分44秒

そして、佼成学園の野村がファンブルリカバータッチダウン!TFP決まらず6点追加、33-39 逆転に成功!
この時点で試合残り時間は3:25

立命館宇治最後は敵陣の30ヤードまで攻め込むも、結局4DギャンブルでQBサックを受けて攻撃終了。ニーダウンで試合終了。

立命館宇治 33-39 佼成学園

スポンサーリンク

クリスマスボウル2018佼成学園対立命館宇治の試合結果について

このように、アメリカンフットボールの全国高校選手権決勝・クリスマスボウルは、佼成学園(東京)が立命館宇治(京都)に39-33で逆転勝ちし、3年連続3度目の優勝を果たしました。

5年ぶり3度目の出場の立命館宇治は初優勝まであと一歩で逃しました。非常に悔しい敗戦と思います。

相手のミスを見逃さず、第4クオーターで19点差をひっくり返した佼成学園のチーム力が一歩上回ったということでしょう。

佼成学園は第3クオーターを終えて14-33と劣勢でした。しかし4Qの6分にTDランで7点差に迫り、その2分後には再びTDランで33―33の同点となりました。これは相手のファンブルを誘ってつかんだ攻撃からRB森川の8ヤードTDランという流れでした。

そして、直後の8分すぎにもファンブルしたボールをDB野村がすかさずリカバーし、25ヤード駆け抜けて勝ち越しのTDとなりました。。

佼成学園の小林監督は「執念を見せてくれた」と選手たちを褒めたたえました。
そして、寺田主将は、日頃からボールを奪う練習を繰り返してきた。今までやってきたことが報われた、と振り返りました。

この試合で、DL99 今熊力丸(2年)(佼成学園)が最優秀ラインマン賞、RB6森川竜偉(3年)が最優秀バック賞を受賞しました。
敢闘賞は立命館宇治 QB5庭山大空(2年)が受賞しました。

まとめ

平成30年12月24日13時から、全国高等学校選手権大会決勝戦、クリスマスボウル、立命館宇治高 対 佼成学園高が開催されました。
そして、逆転の末、佼成学園高の3連覇となりました。
両校とも健闘しました。

<日本アメフト情報関連リンク>

-アメリカンフットボール, 日本のアメフト
-, , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。