旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

サッカー サッカー日本代表

コパ・アメリカ2019日本代表に選出された久保建英安部裕葵選手の経歴について

投稿日:

日本サッカー協会は5月24日、6月14日に開幕するコパ・アメリカ2019に臨む日本代表メンバーを発表しました。
これは楽しみですね。
このコパ・アメリカ2019の日本代表メンバーについてまとめました。
また、久保建英、安部裕葵選手の経歴、情報についてまとめました。

コパ・アメリカ2019の日本代表メンバー発表

日本代表はキリンチャレンジカップ2019の2試合、6月5日に豊田スタジアムでFIFAランク93位のトリニダード・トバゴ代表と、同9日にひとめぼれスタジアム宮城でFIFAランク71位のエルサルバドル代表と対戦します。その後、18日にコパ・アメリカのグループリーグ第1節のチリ戦を迎える予定となっています。

コパアメリカ2019のメンバーは以下の通り。

GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
小島亨介(大分トリニータ)
☆大迫敬介(サンフレッチェ広島)

DF
植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)
杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
立田悠悟(清水エスパルス)
原輝綺(サガン鳥栖)
板倉滉(フローニンゲン/オランダ)
岩田智輝(大分トリニータ)
菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)

MF
中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
松本泰志(サンフレッチェ広島)
中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)
三好康児(横浜F・マリノス)
安部裕葵(鹿島アントラーズ)
伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)
渡辺皓太(東京ヴェルディ)
久保建英(FC東京)

FW
前田大然(松本山雅FC)
上田綺世(法政大学)
岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)

スポンサーリンク

コパ・アメリカ2019日本代表に選出された久保建英安部裕葵選手の経歴について

今回、日本期待の若手二人、久保建英、安部裕葵選手が選出されました。
二人とも今後が期待される若い楽しみな選手ですね!

久保建英選手の経歴

久保建英選手は、2001年6月4日(17歳)出身地は神奈川県、174cm 69kg
小学校3年生の時に川崎フロンターレの下部組織に入団。
2011年8月、FCバルセロナの下部組織カンテラ(ラ・マシア)入団テストに合格し、10-11歳で構成されるアレビンCに入団。
2013‐14年は地中海カップU-12トーナメントで大会得点王とMVPになり、またリーグ、カタルーニャ杯などのトーナメント制覇に貢献。
2014-15年はインファンティルA(13-14歳で構成)に所属。
しかしFCバルセロナの18歳未満の外国人選手獲得・登録違反により久保の公式戦出場停止処分が続き、2015年3月、日本に帰国してFC東京の下部組織に入団。

2016年、中学3年ながらFC東京U-18に飛び級で昇格。日本クラブユースサッカー選手権では飛び級で出場し、大会史上初となる中学生ながら得点王(5得点)に輝いた。
9月、FC東京のトップチームに2種登録される。同年11月5日に行われたJ3リーグ第28節AC長野パルセイロ戦に後半開始から出場し、Jリーグ史上最年少記録を塗り替えた。

2017年11月1日、FC東京とプロ契約を結んだ。しかし、J1リーグ戦ではベンチ入りの機会が減少した。

2018年8月16日、横浜F・マリノスへの期限付き移籍。
8月22日、天皇杯4回戦のベガルタ仙台戦で移籍後初先発し、初アシストを記録。
8月25日、第24節のヴィッセル神戸戦でJ1リーグ初得点となるゴール。この得点は森本貴幸に続く歴代2位の最年少得点。

2019年、FC東京に復帰。

日本代表での経歴は以下の通り
2016年、U-16日本代表としてAFC U-16選手権に参加。大会得点ランキング2位となる4得点をあげて、FIFA U-17ワールドカップの出場権の獲得に貢献。
11月、アルゼンチン遠征のU-19日本代表に飛び級で初選出。15歳5カ月20日での選出は史上最年少で中学生でU-19日本代表選出は史上初。
U-19アルゼンチン代表との親善試合でU-19代表デビュー。

2017年、ドイツ遠征のU-20日本代表メンバーに選出され、U-20ドイツ代表との親善試合を含む4試合に出場し、2得点を挙げた。
5月2日、2017 FIFA U-20ワールドカップに挑むU-20日本代表に飛び級で選出された。
5月21日、初戦のU-20南アフリカ戦で途中出場から堂安律の逆転ゴールをアシストして勝利に貢献。
9月、FIFA U-17ワールドカップのメンバーに選出。10月8日、U-17ホンジュラスとの初戦では1得点1アシストの活躍で勝利に貢献。

2018年、AFC U-19選手権のメンバーに選出。10月19日、初戦のU-19北朝鮮戦では直接フリーキックを決めて勝利に貢献。

2019年5月、キリンチャレンジカップ、コパアメリカの日本代表メンバーに選出

久保選手は、自分が日本代表の一員として選ばれたことには誇りを持っていいのかなと思います、と語りました。

安部裕葵選手の経歴

安部選手裕葵は、1999年1月28日(20歳)、出身は東京都、171cm 65キロ

S.T.FOOTBALL CLUBから広島県瀬戸内高等学校に進学。2016年、広島県で開催された全国高校総体で3ゴールを挙げチームの8強進出に貢献、大会優秀選手に選出された。

2017年、鹿島アントラーズに入団。4月1日、J1リーグ第5節vs大宮アルディージャ戦でプロ初出場。4月22日、第8節のジュビロ磐田戦でプロ入り初先発。
7月29日のJ1第19節vsヴァンフォーレ甲府戦でリーグ戦初得点。

2018年、同年のJリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞。

2019年シーズンより背番号を「10」番に変更。

日本代表歴は以下の通り
U-18日本代表
AFC U-19選手権2018・予選(2017年)

U-19日本代表
トゥーロン国際大会(2017年)
インドネシア遠征(2018年)
ロシア遠征(2018年)
AFC U-19選手権(2018年)

U-20日本代表
欧州遠征(2019年)

今後が期待される選手ですね!

まとめ

日本サッカー協会(JFA)はコパ・アメリカ2019の日本代表メンバーを発表しました。
久保建英、安部裕葵選手の経歴をまとめました。

出典
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00010013-goal-socc

関連情報
コパ・アメリカ2019日本代表に選出された久保建英安部裕葵選手の経歴について

スポンサーリンク

-サッカー, サッカー日本代表
-, , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。