旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

日本の野球 野球

広島カープ11連敗 不振の理由と優勝の可能性

投稿日:

広島カープ11連敗で前半戦終了。
これはやばいですね。シーズン当初の不振から勝ちを重ね、そして一時期首位に立ったチームに何があったのでしょうか?
カープ11連敗 不振の理由と優勝の可能性についてまとめました。

広島カープ11連敗 Bクラスで折り返し

中日2-1広島 7月10日ナゴヤドーム

広島は緒方孝市監督の積極采配も実らず、終盤8回に連続押し出し四球で逆転負け。
リーグ戦再開後は勝利がなく、99年以来20年ぶり11連敗。借金5を抱えてペナントレースを折り返しが決定。

敗戦の中で光るプレーを見せた新加入の三好に加え、2軍調整中の選手たちも球宴期間中に合流見込み。戦力を整えて、巻き返しを図る。
楽天から新加入の三好を移籍初出場となる「7番遊撃」で先発初起用。さらに両軍無得点の6回無死二塁では右越え二塁打を放った三好から田中広、1点を追う9回無死一塁では菊池涼から曽根へと代走を送った。

その6回は代走田中広が足と技で捕手のタッチをかいくぐり、内野ゴロで得点につなげた。しかし、1点リードで迎えた8回に2番手レグナルトが2者連続押し出しで逆転を許した。99年以来、20年ぶり11連敗。

広島カープ11連敗 今期の戦いと不振の理由

広島は5月に月間20勝を挙げて一時は貯金14でリーグ首位に立つも、6月に急失速。
交流戦は最下位に終わり、リーグ首位からも陥落。
7月はいまだ勝利がない。

今季の不振の理由は多すぎるが、羅列すると
1、丸選手がフリーエージェントで巨人へ移籍
2、代わりに広島に入団した長野選手は不振で2軍へ。野間選手では丸選手の穴を埋められず。
3、中崎翔太投手はリリーフ失敗を重ね、守護神の座をはく奪されて2軍降格、1軍昇格の見込みは立っていない。
4、田中遊撃手が打率1割台、さらに守備でもエラーを重ねる。
5、一番打者を固定できず、また、クリーンナップも日替わり。そして結果が出ない。
6、鈴木誠也外野手、主砲としては結果を出せず。
7、投手陣も踏ん張っていたものの、負傷者が出てきた。
8、中継ぎ中村恭平投手が左肘を痛めて7月3日に出場選手登録を抹消。
9、中継ぎ一岡竜司投手がコンディション不良のため7月7日に登録抹消。
10、外国人投手も結果を出せず。
11、監督コーチのスタメンの人選と選手起用へのファンからの疑問の声。一番はやはり田中選手の起用。

スポンサーリンク

広島カープ優勝の可能性

巨人は充実の戦力で首位独走、80試合貯金17。カープ84試合消化、借金5。優勝の可能性は0です。

シーズン前半終了時の順位表、データを見ても、攻撃力、得点失点、巨人とのチーム力の差は明らか。これはどうしようもないです。3位に滑り込んで、プレーオフで短期決戦で結果を出せば日本シリーズには行ける可能性はありますが、パリーグに滅法弱いので、その後も期待薄です。

        
試合 勝利 敗戦 引分 勝率 勝差 残試合 得点 失点 本塁打 盗塁 打率 防御率
1位 巨人 80 48 31 1 .608 – 63 389 310 107 49 .262 3.56
2位 DeNA 82 39 41 2 .488 9.5 61 334 330 100 25 .246 3.67
2位 阪神 84 39 41 4 .488 0 59 313 338 55 59 .249 3.40
4位 広島 84 38 43 3 .469 1.5 59 317 341 73 51 .243 3.45
5位 中日 80 37 43 0 .463 0.5 63 306 310 46 43 .260 3.75
6位 ヤクルト 84 34 48 2 .415 4 59 368 425 92 33 .238 4.61

まとめ

カープ11連敗 不振の理由と優勝の可能性をまとめました。
今季は厳しいので来季を見越した若手の起用などを期待しましょう。

出典
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201907100001186.html

スポンサーリンク

-日本の野球, 野球
-, , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。