旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

アメフト甲子園ボウル2020 関西学院大学が日本大学に快勝

投稿日:

アメフト甲子園ボウル2020が12月13日に甲子園球場で開催され、関西学院大学が日本大学に快勝しました。
今回の対戦にまつわる情報をまとめました。

アメフト、甲子園ボウル2020の日程について

大会の正式名称は
三菱電機杯 第75回 毎日甲子園ボウル
です。

アメリカンフットボール東西大学王座決定戦
三菱電機杯 第75回毎日甲子園ボウル

主  催 日本学生アメリカンフットボール協会/毎日新聞社

期  日 2020年12月13日(日
東西対抗大学選手権決勝戦 13:05 Kick off

スポンサーリンク

アメフト甲子園ボウル2020 関西学院大学が日大に快勝

前半は日大のパワーに関学が押し込まれ、21−14で前半終了、しかし、後半は関学の優勢な状態で試合が進み、21点を追加して突き放しました。反撃を10点に抑えて、42-24で勝利、3年連続31回目の優勝を果たしました。

関西学院大学 7-14-7-14=42
日本大学 14-0-0-10=24

関学大は試合開始のキックオフをリターンしたRB三宅昂輝(4年)が約73ヤードを走って敵陣深くへ。最後は第1Q2分55秒にQB奥野耕生(4年)からWR梅津一馬(2年)へのTDパスが決めるなど7点を先制しました。

しかし、その後一度は逆転を許すという展開となりましたが、第2Qに2TDを奪って再びリードし、21-14で前半を折り返した。

そして後半は第3QにRB三宅のTDランなどで7点を追加。第4Qに日大にTDを返されるなど28-21と7点差に迫られたが、試合終了まで残り9分53秒でQB奥野がWR糸川幹人(2年)へのTDパスを決めるなどして、突き放した。

スポンサーリンク

日本大学と関西学院大学の対戦について

この両チームの対戦は悪質タックル問題の発端となった2018年5月の定期戦以来。甲子園ボウルでは30度目の対戦となりました。

今日の話題としては、日大の林大希選手が、日大のエースQBナンバー 10番をつけてスターターとして活躍しました。
シーズンは19番で、甲子園ボウルでは10番をつけて欲しいと日大関係者やファンからの要望もありました。

甲子園ボウル表彰選手
敢闘選手賞 日本大学 RB30 川上 理宇 4
最優秀選手賞 関西学院大学 RB21 三宅 昂輝 4
年間最優秀選手 チャック・ミルズ杯 関西学院大学 QB3 奥野 耕世 4

まとめ

アメフト大学東西大学の勝者を決める甲子園ボウルは今年は2020年12月13日(日)13時05分キックオフ、
関西代表で5年連続54度目の出場の関学大が42-24で勝ち、大会最多を更新する31度目の優勝を果たしました。

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。