旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

冬の行事について

バレンタインデーのお返しは職場で必要?その予算相場と人気商品について

更新日:

2月14日はバレンタインデー。日本では昔は女の子が好きな男性にチョコレートをあげる日でしたが、ここ最近では、職場で女性社員が男性社員にチョコを配る日にもなっていますね。

さて、このチョコへのお返しは実際のところ必要なものなのか?そしてお返しする場合の予算や人気の品について、わからない人も多いと思います。

そこで今回は、バレンタインデーのお返しを職場でするべきか、そしてする場合の予算相場と人気商品についてまとめました。

 

バレンタインデーのお返しは職場で必要?

バレンタインデーのお返しは職場で必要かどうか、ですが、これは考え方によって意見がわかれます。

なぜなら、配る方の意識としては、いわゆる「義理チョコ」という名前の通り、あまり意義もなく配っているからです。そこにはいわゆる、感謝の気持ちとはほぼ遠い、配らなくて何か言われるのが嫌だから、他の人も配ってるから、といった思惑が見て取れますね。

一方、日頃の感謝を形として示す、という形でのバレンタインのチョコレート、という人もいるでしょう。

バレンタインのチョコのお返しをするかどうかですが、まずは、「社会人として、職場で今後円滑に業務を進めるにあたって、どうするのが一番自分にとってメリットがあるか?」と考えるのが一番いいでしょう。

そうすると、おのずと答えが決まってきます。

そう、義理チョコでも受け取ってしまったら、そのお返しはする、というのが社会人として、無難な選択である、ということですね。

相手の立場に立って考えてみても、同じ結果となるでしょう。やはり、お返しをもらった方は嬉しいですよね。

というわけで、義理チョコでももらったら、もらった相手が誰か、ということはその場で名前を控えておいてください。

お返しをする日としては、日本では、「ホワイトデー」という日が存在します。この3月14日にお返ししましょう。

バレンタインデーのお返しの予算相場は?

バレンタインデーのお返しに使う予算としては、いくらが相場でしょうか?

今回は職場での恋愛関係がない場合についてのお話です。

ここでも、社会人としての常識、というのがポイントになってきます。

そう、安すぎる物をお返しとして返したら、安っぽい男性という評価がついてしまいます。

また、高価すぎる物をお返しにすると、え、この人何を考えているのだろう?下心でもあるのでは?と余計な心配や不安を相手に与えてしまい、一体何のためにお返しをプレゼントするのかわからなくなりますね。

まずは、もらった相手と、もらったチョコレートのレベル、値段帯は把握しておく必要があります。

100円のチョコレートをもらった相手と、1000円のチョコレートをもらった相手に同じものをお返ししていいかどうか、という問題ですが、やはり、そこは相手によって変えるべき、というのが無難かもしれません。

ただ、比較的多くの人からもらった場合は、同じものをみんなにお返しする、というのも一つの方法として妥当な場合もあるでしょうね。

職場でもらったチョコへのお返しの相場としては、500円から1000円で考えるのが適正と言えるでしょう。

もちろん、相手のチョコレートよりも同じ金額帯もしくは高めのお返しをするべきであり、2000円から3000円のものを用意しなければいけない場合もありますので、ご注意を。

スポンサーリンク

バレンタインデーお返しの人気商品は?

これは相手次第というところもありますが、一般的には、女性は甘いもの、スイーツが好きですので、そういったものを選択するのが無難でしょう。

食料品で、後に残らないもの(消え物)を選んだほうが、相手にとっても気を使っていると言えるでしょう。

もしその人に彼氏や旦那さんがいた場合、持って帰れないという可能性がありますからね。

スイーツ、チョコレート、クッキー、サブレ、パイ、マドレーヌ、シュークリーム、ショコラ、スポンジケーキ、エクレアなどが喜ばれる商品でしょう。

ただ、コンビニやスーパーで買うのは相手にあまり好ましい印象を与えないので、買う店も注意してください。
専門店、百貨店などで購入しましょう。

個別に包装してあるもの、ラッピングがしてあって見た目がいいものがもちろん喜ばれます。それでいて手軽に食べられるもので、よく知られているブランド商品の方がポイントは高くなります。賞味期限があまり短くないものにしてください。

マシュマロは絶対避けてください。これは日本では相手を好ましく思っていない、というサインとして捉えられる可能性がある食品です。

そして、購入の時にお贈り物用にラッピングして、渡す時は一言、
「バレンタインにはお世話になりました。ホワイトデーのお返しです」と言って渡しましょう。

まとめ

バレンタインデーのお返しは職場で必要かどうかですが、やはり社会人としては義理チョコとしてもお返しをするのが礼儀でしょう。その予算相場としては、安すぎず高すぎずでないといけません。相手からもらったチョコの値段も確認しておいてください。人気商品はスイーツなどが喜ばれるでしょう

バレンタインデーの由来、日本だけチョコなのか?そして日本での歴史に興味が有る方はこちらをどうぞ!
↓ ↓ ↓
バレンタインデーの由来とは?チョコレートを贈るのは日本だけ?その歴史も紹介

スポンサーリンク

-冬の行事について
-, ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。