旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

日々の暮らし

Amazon返品交換の条件理由について、時間の期限、開封済みとみなされる場合を解説

投稿日:

Amazonは返品には対応してくれます。しかしながら、返品には条件と理由があります。
それを満たしていないと、もちろん、返品に応じてもらえません。

もちろん、その条件は返品の手続きをする前に確認しておきたいですよね。

そこで、Amazon返品交換の条件理由について、時間の期限、開封済みとみなされる場合についてまとめました。

amazon返品交換の条件理由について

まず、出品者が販売し、Amazon.co.jpが発送する商品については、Amazonとしては交換の対応はしません。

Amazonで購入者の都合による返品交換について

• 未使用かつ未開封の場合:商品代金(税込)を全額返金されます。

• 開封済みの場合:商品代金(税込)の50%を返金します。

開封状態にかかわらず、配送料・手数料およびギフトラッピング料は返金されません。

また、返送料は個別に例外を示す場合を除き購入者の負担です。

服&ファッション小物、シューズ&バッグ、30万円(税込)未満の腕時計およびジュエリーは試着後の返品が可能です。

スポンサーリンク

Amazonが返品交換してくれる時間の期限とは?

Amazon.co.jpは、原則として商品到着から30日以内の場合に返品・交換の対応をします。

すなわち、対象の商品が消費者に到着後30日以内に返品・交換を完了させてください。

もし、30日を過ぎると返金額が20%減額されます。

Amazon返品交換について、開封済みとみなされる場合

以下に該当する場合は、購入者が開封済みとみなされます。 
• メーカー既成の梱包を開封してある、または破損してある
• 商品を意図的に破損させるような再梱包がしてある 
• 商品タグが外されている
• 部品のビニール包装が開封されている
• ケーブルを固定するワイヤーなどが外されている
• その他、商品自体に使用された形跡がある

Amazonでのトラブルや不具合による返品交換について

これは、商品自体の問題とみなされるため、商品代金(税込)、配送料・手数料およびギフトラッピング料を全額返金します。もしくは、同一の商品と無料で交換します。 

Amazonが返品交換の対応をしないケースとは

返品交換対応をしてもらえないケースを下記に記載します。

このような場合では、理由にかかわらず返品交換の対応はしてもらえませんのでご注意

• 受注生産品、特注制作品、刻字入り商品、およびサイズお直し品について
• メーカー既成の外装で配送した商品を返送するときに、外装がない場合、もしくは、外装のみに損傷がある場合について
• メーカー既成の外装に直接出荷伝票が貼られているという理由での返品について 

下記のケースでは、購入者の都合による返品交換対応はしてもらえません

• 使用済みまたは開封済みの消耗品について
• メーカーが初期不良と認定していない場合の不良について(例、液晶パネルのズレ、ドット抜け、使用後の外観の傷など) 
• 拡張機器の増設や、パーツの取り替え、商品自体を改造、調整した後の商品について
• 購入者の要請でメーカーから直接鑑定書・鑑別書の発行を受けている商品について
• 車用のタイヤ・ホイールセットについて

参照サイト
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=hp_left_v4_sib?ie=UTF8&nodeId=202063080#GUID-75BBDF66-B878-40FA-B505-DF9E524FA8D3__SECTION_DECAF8108C4844ECBDCDB99BCFB231A6

まとめ

Amazon.co.jpが発送する商品の返品交換の条件の概略についてまとめました。商品の種類による詳細は個別の条件の確認が必要となります。

<関連記事>
Amazonの返品方法についてプリンターを使わない方法と使う方法、注意点について

Amazonポップアップストアの期間と場所は?サイバーマンデーセールイベントを紹介

Amazonサイバーマンデーはいつから?買い方と安いおすすめ商品も紹介します

スポンサーリンク

-日々の暮らし
-,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。