旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について

WHO 世界の感染多発を懸念 一方 日本政府 新水際対策措置 ビジネス目的の入国者 待機期間 原則3日間に短縮の方針

投稿日:

新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置についてに関しては外務省のサイトでアップデートされています。

新型コロナ感染症新水際対策措置 日本政府 ビジネス目的の入国者 待機期間 原則3日間に短縮の方針 最新情報をまとめました。

新型コロナウイルス感染症に関する水際対策強化 11月 最新情報

政府 ビジネス目的の入国者 待機期間 原則3日間に短縮の方針

新型コロナウイルスの水際対策をめぐり、政府はビジネス目的の入国者を対象に企業が行動を管理することなどを条件に自宅などでの10日間の待機期間を原則3日間に短縮する方針を固め、早ければ来週8日から開始するとしています。

政府は新型コロナウイルスの水際対策の一環として、日本への入国者に対し自宅などでの14日間の待機を求めてきましたが、先月からは日本国内で承認されているワクチンを接種していることなどを条件に待機期間を10日間に短縮しています。

こうした中、政府は感染者数が減少し経済界などから一層の往来の緩和を求める声が出ていることを踏まえ、ビジネス目的の入国者を対象に待機期間を短縮する方針を固めました。

具体的には、待機期間を原則3日間とし4日目以降は検査で陰性が確認され企業が行動を管理することなどを条件に、公共交通機関の利用や会食などの外出を認めるとしています。

またこれまで原則停止してきた外国人の新規入国について、ビジネスを目的とする短期滞在者や留学生などは、受け入れる企業や大学などが行動を管理することを条件に入国を認めることになりました。

これらの措置は早ければ来週8日から開始するとしています。

さらに政府は現在、一日当たり3500人としている入国者の上限について今月下旬から5000人に引き上げる方針です。

スポンサーリンク

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211102/k10013331381000.html

WHO、欧州コロナ禍悪化に「重大な懸念」 独で感染者最多

【11月5日 AFP】世界保健機関(WHO)は4日、欧州で新型コロナウイルス感染者数が増加していることは「重大な懸念」であり、来年2月までにさらに50万人が死亡する恐れがあると警告した。ドイツでは同日、1日の新規感染者が過去最多を記録した。

WHOの欧州地域事務局が管轄する欧州・中央アジア53か国・地域では、累計感染者数が7800万人に上っている。ハンス・クルーゲ(Hans Kluge)事務局長は記者会見で「われわれは再び流行の中心地にいる」と述べ、管轄域内における現在の感染ペースは「重大な懸念」に値すると述べた。

https://www.afpbb.com/articles/-/3374359

 

まとめ

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(ワクチン接種証明書保持者に対する入国後・帰国後の行動制限及び外国人の新規入国制限の見直しについて) 情報 をまとめました。

出典 https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C137.html

スポンサーリンク

-政治について

Copyright© 十人十色ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。