旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について

スバル ソルテラ トヨタ bz4xいきなりリコール レヴォーグもトヨタ 不正?内部告発 動画の紹介

更新日:

スバル トヨタ ソルテラとbz4x iいきなりリコール 不正?内部告発 動画の紹介についてまとめました。

スバル新型ソルテラ リコール について

スバル ソルテラ92台に早くもリコール、ハブボルト異常で脱輪のおそれ

スバル ソルテラ92台に早くもリコール 

2022年6月23日、スバルはソルテラのハブボルトに異常があるとして、国土交通省にリコールを届け出たことを発表しました。海外市場からの情報によるものとし、現在の不具合件数は0件で、不具合による事故は発生していないと伝えられています。

リコールの対象となるのは2022年(令和4年)3月30日~2022年(令和4年)5月23日に生産されたモデル製作期間は購入した時期と一致しないので、必ず確認するようにしてください。

スバルは、所有する車種が該当する場合は速やかに点検・修理を受けるよう伝えています。これらの対応は2022年6月24日より随時行われるとのことです。

兄弟車であるトヨタ bZ4Xにも同様のリコールが発表されています。詳細はこちら

https://car-moby.jp/article/automobile/subaru/solterra/solterra-recall-information-jun2022/

スバル新型レヴォーグ について

レヴォーグの車種は現在、8種類あります。

EXはアイサイトX搭載車となっております。エンジンは 1.8Lターボと2.4Lターボの2種類です。

スバル、レヴォーグなど5万2000台をリコール…始動不能となるおそれ

SUBARU(スバル)は5月26日、『レヴォーグ』など3車種について、EGR圧力センサに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『レヴォーグ』『フォレスター』『レガシィ』の3車種で、2020年10月21日から2022年4月6日に製造された5万2838台。

対象車種は、排ガス再循環装置(EGR)に搭載したEGR圧力センサにて、排気ガスに対する耐力が不足していたため、排ガスによる腐食からセンサ出力異常を起こし、警告灯点灯、加速不良に至ることがあり、最悪の場合、エンジンが始動できないおそれがある。https://s.response.jp/article/2022/05/26/357582.html

スポンサーリンク

改善措置として、全車両、EGR圧力センサを対策品に交換し、エンジンコントロールユニットの制御プログラムを書き換える。

スポンサーリンク

我が家のレヴォーグ 首都高で失速

ハリアー,シエンタに関わるトヨタのリコール 不正についての動画をヒットしました

【内部告発】トヨタが不正とリコールで大変になっている件

まとめ

スバル とトヨタ リコール 不正?内部告発 動画の紹介

をまとめました。

スポンサーリンク

-政治について

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。