旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

カーライフ 政治について

トヨタbz4xスバル ソルテラリコール 関連最新情報 海外報道 事態は深刻なのか?

投稿日:

トヨタbz4xスバル ソルテラリコール 問題はまだまだ解決が難しそうです。トヨタbz4xスバル ソルテラリコール 関連最新情報 をまとめました。

トヨタ bZ4Xに早くもリコール!112台にハブボルト異常で脱輪の恐れ

2022年6月23日、トヨタはbZ4Xのタイヤを取り付けるハブボルトが緩む可能性があるとして、国土交通省にリコールを届け出たことを発表しました。海外市場からの情報によるものとし、現在の不具合や事故の発生はないと伝えられています。リコールは兄弟車のスバル ソルテラでも同様のリコールが発表されています。

リコールの対象となるのは2022年(令和4年)3月2日~2022年(令和4年)6月2日に生産されたモデル製作期間は購入した時期と一致しないので、必ず確認してください。出典https://car-moby.jp/article/automobile/toyota/bz4x/bz4x-recall-information-jun2022/

想像以上に深刻なの?トヨタはリコール中のbZ4Xを販売価格で買取中との報道

車輪が脱落するおそれがあるとリコール

トヨタは、スバルと共同開発したグローバルモデルのバッテリーEV『bZ4X』を、日本で2022年5月12日より発売も、タイヤ脱落のおそれがあるとして、2022年6月23日にリコールを発表。原因を調査中とし、修理・点検といった具体的な対応についてはまだ発表されておらず、bZ4Xの使用者には使用を停止するよう要請するのみに留まっています。このリコールにより現在bZ4Xは、KINTOも含めて契約の申し込みを停止中。日本のみならず海外で販売された車両も対象となっていて、購入者に対しても、生産の遅延、もしくは納期未定の連絡が入る状況です。

こうした中、海外ではbZ4Xを契約したオーナーに対して、トヨタからいくつかの選択肢が提示されたと報じられています。

スポンサーリンク

海外メディア報道によると、トヨタはbZ4Xを契約したオーナーに対して、当該のリコールにかかる改善策がまだ出ていないため、引き続き車両を運転しないよう呼びかけています。

リコールによる対応が可能となるまでディーラー引き取りによる無料保管も可能であることが案内されました。さらに、トヨタがbZ4Xを保管している間の代車無償貸与はもちろん、その車の燃料代負担も申し出ています。

全額を支払い済みのオーナーに対しては、毎月のリースやローンの支払に充当できる5,000ドルのクレジットを発行するようです。

オーナーが不便とならないよう、トヨタとしてもできる限りのことをしようとしていることがわかります。それでも十分だと感じられない場合、トヨタは車両の買い戻しを行うことを申し出ています。

bZ4Xのオーナーに提案されたトヨタの対応をまとめると以下のとおり。

  • リコール対応が完了するまでディーラーで車を無料保管
  • 保管期間中の代車を無料貸与、その燃料代負担
  • リースまたローンの支払いに充当できる5,000ドルのクレジット発行
  • 車両の買い戻し

この提案を受けたオーナーによるSNSの投稿では、bZ4Xを待つとする人がいる一方で、他のバッテリーEVを買い直すことに決めた人もいる。

bZ4Xは、トヨタが「本気」と意気込んでいたバッテリーEVだっただけに、現在の状況はファンの期待を裏切った。

スバルソルテラリコール最新情報

bZ4Xで発表されているリコールは兄弟車のスバル ソルテラでも同様のリコールが発表されています。

実際にソルテラを契約したというオーナーも納期の目処が立たないことに不満を抱き、注文をキャンセルしたという報告がSNSにて。

出典https://car-moby.jp/article/automobile/toyota/bz4x/toyota-recall-bz4x-and-include-buy-back-offer-planing-for-owners/2/

まとめ

スポンサーリンク

-カーライフ, 政治について
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。