旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

カーライフ

ロータリーエンジン搭載 10月に欧州で 発売のMX-30 REVとは? 欧州マツダの今後の展開 CX-60は?

投稿日:

ロータリーエンジン搭載 10月に欧州で 発売のMX-30 REVとは? 欧州マツダの今後の展開 CX-60は? をまとめました。

ロータリーエンジン搭載 10月に欧州で 発売のMX-30 REVとは?

スロバキアのマツダが、YouTube上でCX-60に関するプレゼンテーションを公開。

その中で、発表された、2022年10月に投入される『MX-30 REV』は、『MX-30 EV』に発電用のロータリーエンジンを搭載し、航続可能距離を延伸させることを狙ったものです。

MX-30はCX-30やMAZDA3と同じくマツダの『スモール商品群』に位置づけられているモデルのひとつで、主要部分はCX-30と共通化されているものの、デザイン面では大きく差別化されているモデルです。

RX-8以来の採用となった観音開き式の『フリースタイル・ドア』を採用し、クーペルックのSUVとして2019年10月に欧州からデビュー。日本でも2020年10月に発売され、現在は2リッターガソリンエンジンのマイルドハイブリッドモデル『MX-30』と、バッテリーEVモデル『MX-30 EV』の2つのパワートレインを展開しています。

スロバキアのマツダが発表した、2022年10月に投入される『MX-30 REV』は、『MX-30 EV』に発電用のロータリーエンジンを搭載し、航続可能距離を延伸させることを狙ったものです。

2021年には、このMX-30 REVに関連するものと思われる「e-SKYACTIV R-EV」「e-SKYACTIV R-HEV」「e-SKYACTIV R-Energy」のほか、ロータリーエンジンをモチーフにしたエンブレム型の商標も登録されていることが日本でも分かりました。

MX-30 REVは北米や欧州では発表または発売時期がすでに2022年秋から2023年にかけて行われることがすでにわかっているものの、日本への導入について公式なアナウンスはまだありません。

スポンサーリンク

日本のマツダ公式WebサイトではMX-30について、ガソリンエンジンモデルには記載がありませんが、バッテリーEVモデルでは現行モデルの注文受付を終了していると記載しているため、近々『MX-30 EV』に改良が施される可能性は高いでしょう。そのタイミングで、MX-30 REVの日本仕様車も発表されるかもしれません。

CX-60 欧州情報

CX-60は、日本ではディーゼルエンジンモデルを2022年9月から発売する予定ですが、欧州向けには2022年9月にプラグインハイブリッドモデルから導入を開始し、12月にディーゼルエンジン、2023年5月に3リッター直列6気筒のスカイアクティブXモデルを導入するスケジュールとなっています。

上記のスケジュールのほか、CX-60を含む2022年内に導入する予定のモデルがこのプレゼンテーション内で発表されました。

発表されたスケジュールには、トヨタ ヤリスのOEMとなるMAZDA2 HYBRID、MX-30の年次改良モデルなどすでに発表済みの車種も含まれています。

この中には、年次改良をすると思われる『MAZDA6』などのほか、『MX-30 REV』も記載。

発表されたスケジュールは以下のとおりです。

2022年3月 MAZDA2 HYBRID
2022年6月 MX-30 2022年モデル
2022年9月 CX-60 PHEV
2022年10月 MX-30 REV
2022年12月 CX-60 ディーゼルエンジン
CX-5 2023年モデル
MAZDA6 2023年モデル
MAZDA2 2023年モデル

 

 

出典https://car-moby.jp/article/automobile/mazda/mazda-mx-30-rev-release-on-oct2022-in-slovakia/ 

まとめ

ロータリーエンジン搭載 10月に欧州で 発売のMX-30 REVとは? 欧州マツダの今後の展開 CX-60は?をまとめました。

スポンサーリンク

-カーライフ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。