旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

財務事務次官によるテレビ朝日女性記者へのセクハラ発言疑惑を報道ステーションが特集!後藤謙次氏の「ぎりぎりセーフ」発言の評判

投稿日:

福田淳一財務事務次官のテレビ朝日の女性記者に対するセクハラ発言疑惑について、報道ステーションで特集がありました。
この中で、コメンテーターの後藤謙次氏の発言が物議を醸しています。

彼のテレビ朝日援護の発言「ぎりぎりセーフ」について、その真意、評価、彼の評判についてまとめました。

テレビ朝日報道ステーションでの後藤謙次氏の発言と真意について

テレビ朝日の人気番組「報道ステーション」の4月19日の放送で、福田淳一財務事務次官のテレビ朝日の女性記者に対するセクハラ発言疑惑について特集が組まれました。

テレビ朝日の女性社員が福田淳一財務事務次官からセクハラを受けていたことをテレビ朝日が公表した、ということについて、この番組のトップニュースで報道されました。

番組内で、富川悠太キャスターから意見を聞かれた後藤謙次氏は

「テレビ朝日が最初、女性記者から相談を受けた時、このときの対応については、大いに反省してもらいたい」と持論を開示しました。

背景として、現在、ネットで名前が漏れている今回の被害者とされるテレビ朝日の女性記者が、彼女の上司に「福田氏のセクハラを報じるべきではないか」と相談したところ、この上司は「二次被害が心配されるため報道は難しい」と返答して、彼女の情報が握りつぶされそうになりました。

その事態を避ける為。女性記者は会社に無断で単独で週刊新潮に連絡。その結果、新潮の記事によって、今回のセクハラ問題が発覚しました。

後藤氏は
「テレビ朝日は、最初に女性記者から相談を受けた時、この時の対応については大いに反省してもらいたいと思いますね。ただ、今回記者会見をして事実を公表した。ここで、まあ、ギリギリセーフだったと、そんな気がしますね」との評価を下しました。

さらに続けて
「ただ女性記者についてはですね、テープを新潮社側に提供したというところで、記者としての職業倫理が問われるという声があるんですが、私はそうは思わないですね。この女性記者が自らセクハラから身を守るために、途中から録音テープを出したって言ってるんですね。その時点でこれは取材行為じゃなくなってしまうんですね。つまり、そもそも記者の倫理の範疇に入らない問題ということで」と援護しました

続けて後藤氏は
「彼女の意をくんだテレビ朝日側の対応も、最後、ギリギリセーフだったなということだと思いますね」と、重ねてテレビ朝日の番組で、テレビ朝日を援護しました。

二回続けて言うということは、大切なことなので二回言いたかった、彼のテレビ朝日への忠誠心を見せたかったのでしょう。

しかしながら、この発言が大きな波紋を呼んでいます。

スポンサーリンク

後藤謙次氏の発言へのネットでの反応と評価

後藤氏へのネットでの反応は以下の通りです。

ネットでの判定では、余裕でアウト、という意見しか見えません。

後藤謙次氏の経歴と評判について

後藤 謙次氏の経歴ですが、1949年10月5日 生まれで元共同通信社記者、編集局長でした。
現在は報道ステーションでコメンテーターとして活躍しています。

過去には、2007年から2009年までNEWS23のメインキャスターも務めていました。

報道ステーションでのコメントも、反政権的な発言に終始しているという評判くらいしかネットで目に触れません。

まとめ

報道ステーションで、4月19日、福田淳一財務事務次官のテレビ朝日の女性記者に対するセクハラ発言疑惑について、報道ステーションで特集がありました。
この中で、コメンテーターの後藤謙次氏が、テレビ朝日は記者会見をして事実を公表した。のでギリギリセーフであるという見解を示しました。
この露骨なテレビ朝日援護の姿勢とコメントに対し、ネットでは、厳しい意見が多数見られます。
テレビ朝日の自社の女性記者への上司によるパワーハラスメント、セクハラ問題への非常に問題のある対処方法であった、という見解が多く見られます。今後のテレビ朝日の対応に注目が集まっています。

<関連情報>テレビ朝日の女性社員がセクハラ被害にあうも週刊新潮で発表。その理由は上司の揉み消し

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。