旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

アメリカンフットボール 日本のアメフト

アメフト日大内田正人監督はラフプレータックルを指示したのか?鈴木大地スポーツ庁長官説明を要求

更新日:

5月6日のアメフト定期戦、日大関学大の試合で、プレー後のQB選手への背後からのタックルという重大なラフプレーが発生しました。
その選手はその後も反則を犯し退場となり、連盟により対外試合出場禁止になりました。その後、12日、関学大が日大に謝罪を正式に要求するという事態となりました。問題は、内田正人監督の指示による意図的なラフプレーなのかどうか、また、鈴木大地スポーツ庁長官がツイッターで苦言を呈しました。さらなる動きがありましたので、その経緯をまとめました。

アメフト日大内田正人監督はラフプレータックルを指示したのか?

今回のありえない反則プレーに関して、多くの関係者日大内田正人監督がラフプレーを指示したのかどうかということを注目しております。

最新の報道は以下の通りです。

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00022575-mbsnews-soci

タックルをしたのは日大で守備の最前線を担当する選手。このプレーの後も反則を繰り返し退場処分となりましたが、周囲に対してこんな話をしているといいます。

 「監督に、責任は俺が取ると言われていた」(日大の選手)

 日大の関係者は取材に対し「今回のプレーは監督からの指示でやってしまったものだ」と証言。タックルをした選手は当面、対外試合への出場を禁止されましたが、日大の内田正人監督は関学戦の後、公の場に姿を見せていません。

このような記事も出ており、日大としてはどう対応するのか注目が集まっております。

スポンサーリンク

日大は内田正人監督のラフプレータックル指示を否定

そして、以下の記事が出ました。

出典 https://www.j-cast.com/2018/05/14328585.html?p=4

日大広報「(チームからの指示は)ありません」
   一方、日大の広報担当者は14日の取材に対し、「当然ですけれども、監督やコーチがああいったプレーを指示した事実はありませんし、それはありえません」と断言。その上で、該当の選手が故意に悪質なタックルをした事実もないとして、
「あくまでプレーは瞬間的なものですので、こちらとしては、今回の件は偶発的なアクシデントだったと認識しております」
と話した。

これは、結局全否定ということになり、この断言された内容に関してもネットでは疑問の声が噴出しております。

何はともあれ、日大は事態を甘くみすぎており、対応も後手後手となっております。

内田監督自身がメディアに説明、また、当該選手も何らかの情報を発する必要に迫られております。

鈴木大地スポーツ庁長官は説明を要求

鈴木大地スポーツ庁長官がこの件にツイッターで苦言を呈し、さらに説明を要求しているという記事が出ました。

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000089-jij-spo
アメリカンフットボールの試合で日大選手が行き過ぎたラフプレーで関学大選手を負傷させた問題で、スポーツ庁の鈴木大地長官は14日、「衝撃的で非常に危険なタックル。担当課と(関東学生)連盟で連絡を取ってもらっている」と話し、事情説明を求める考えを示した。

 スポーツ庁は、大学の統括団体をつくる動きを進めており、鈴木長官はスポーツにおける危険な行為を問題視。「個別の競技や大学に限らず、大学スポーツとして考えていくべきだ」と述べた。 

追記 20181120
その後の経過は以下の通りです。
立件は見送られております。

日本大アメリカンフットボール部の悪質なタックル問題で、警視庁は内田正人前監督(63)=懲戒解雇=と井上奨(つとむ)元コーチ=同=について、けがをさせる意図でタックルを指示した事実は認められなかったと結論づけた。捜査関係者が明らかにした。井上元コーチが言ったとされる「相手がけがをすれば得だ」という言葉も確認できなかった。同庁は近く、東京地検立川支部に2人の捜査書類を送付する。地検は2人の立件を見送るとみられる。

https://mainichi.jp/articles/20181114/k00/00m/050/097000c?inb=ys

まとめ

5月6日のアメフト定期戦、日大関学大の試合で発生したプレー後のQB選手への背後からのタックルという重大なラフプレーへの内田正人監督への指示の有無が取りざたされています。大学広報は全否定しました。また、鈴木大地スポーツ庁長官がツイッターで苦言を呈し、連盟にも説明を要求しました。
日大、関学大、連盟、そしてスポーツ庁の今後の動きに注目が集まります。

スポンサーリンク

-アメリカンフットボール, 日本のアメフト
-, ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。