旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

産経新聞社とFNNによる自民党総裁選の世論調査の結果、自民党支持層での安倍首相の優位について

投稿日:

7月の21、22日に産経新聞社とFNNによって行われた世論調査の結果のうち、自民党総裁選への世論調査を全体と自民党支持層でまとめました。今後の展望もまとめました。

自民党総裁選の世論調査の結果

【産経・FNN合同世論調査】
7月の21、22日に行われた世論調査の結果は以下の通りとなっております。

【問】秋に予定されている自民党総裁選で、次の首相となる見通しの党総裁にふさわしいのは
安倍晋三氏23.6(25.2)
石破茂氏25.3(24.1)
岸田文雄氏4.4(5.1)
小泉進次郎氏26.8(26.9)
河野太郎氏2.8(2.7)
野田聖子氏3.7(3.7)
他の国会議員6.0(6.1)
他7.4(6.2)

出典
https://www.sankei.com/politics/news/180723/plt1807230029-n3.html

スポンサーリンク

自民党支持層の総裁選への支持率

しかし、総裁選は自民党支持者と自民党員によってなされます。重要なのは彼らの支持率です。

今回の産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)による21、22両日の合同世論調査結果では、自民党の次期総裁にふさわしい人物として自民党支持層だけでの結果では安倍晋三首相(現党総裁)が6月の前回調査(49・4%)とほぼ横ばいの49・1%で引き続きトップに立っております。一方、今回の総裁選へ意欲を燃やす石破茂元幹事長は前回比で3・0ポイント増となったが、16・9%にとどまり、2位の小泉進次郎筆頭副幹事長(前回比1・6ポイント減の19・8%)よりも下という結果です。
この結果でわかることは、安倍首相は石破氏の3倍近い支持を得ており、総裁選まで残り約2カ月の7月末の状況でも、安倍首相の圧倒的優位は普遍という状況です。

この高い支持の理由として、自民党支持層では、安倍政権の外交政策を72・1%が支持していることが挙げられます。
これまでの安倍首相の外交手腕への高い評価が、この支持率の理由です。
今回の総裁選と前回の違いは、前回まで300票に固定されていた党員票は、党総裁公選規程の変更で国会議員票(現在405票)と同数となり、決選投票でも各都道府県に1票ずつ計47票が新たに加わることとなっております。
よって、安倍首相と石破氏は党員票の取り込みに力を入れている状況ですが、人気、支持率の差は変わっていません。

https://www.sankei.com/politics/news/180723/plt1807230031-n1.html

スポンサーリンク

自民党総裁選への今後の展望

最新の情報では岸田議員が総裁選に出ないことが明らかになりました。
また、野田議員の地元岐阜の自民党は安倍晋三現総理大臣支持を表明しました。
安倍総裁3選はまず堅いと思われます。

まとめ

自民党の次期総裁にふさわしい人物として自民党支持層だけでの結果では安倍晋三首相(現党総裁)が6月の前回調査(49・4%)とほぼ横ばいの49・1%で引き続きトップに立っております。安倍総裁3選はまず堅いと思われます。

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。