旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

アメリカンフットボール 日本のアメフト

日大アメフトラフプレーは内田元監督の責任と大学が認める

投稿日:

5月6日のアメフト定期戦、日大関学大の試合で、プレー後のQB選手への背後からのタックルという重大なラフプレーが発生しました。彼のプレーは指導者に強要されたものであったという疑惑が残っています。そして、日大の広報の発表、さらに最新の第三者委員会の中間報告書についてまとめました。

アメフト日大ラフプレー問題で法大東大立教大との試合中止

日大が予定していた5月20日の法大、6月9日の東大、10日の立大とのオープン戦3試合が中止されました。

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00208718-nksports-spo

から抜粋

ラフプレーによる処分を受けた日大が、相次いで対戦を拒否された。関東学生連盟が、日大が予定していた20日の法大、6月9日の東大、10日の立大とのオープン戦3試合を中止すると発表した。

昨年就任した東大の森ヘッドコーチ(HC)は「十分な安全性が担保されていると思えない中で試合はできない」と中止申し入れの理由を説明した。

森HCは最初の反則には「30年以上指導をしてきて初めて。経験者でも極めてまれと分かる」と危険性を感じていた。

スポンサーリンク

チーム改善報告書の内容とは

今回のありえない反則プレーに関して、多くの関係者が日大内田正人元監督がラフプレーを指示したではないか、という疑念と抱いております。
一方、日大広報はそれを全否定し、「選手の受け止め方との乖離(かいり)」などと曖昧に表現していました。

しかしながら、日本大が関東学生アメリカンフットボール連盟に提出したチーム改善報告書で、悪質タックルは内田正人前監督に責任があると認めていたことが関係者の証言で明らかになっております。日大が責任の所在が監督であるとついに明確にしました。

日大が設置した第三者委員会が6月29日に公表した中間報告書では、悪質タックルをした選手に内田氏が「やらなきゃ意味ないよ」と指示したと認定しました。
また、日大の改善報告書では、第三者委の事実認定を「真実として尊重する」と内田氏の責任を認める内容となりました。

悪質タックルが起きた原因としては、内田前監督による勝利至上主義、そして内田氏を含めた日大アメフト指導者らのルール順守や暴力への対するコンプライアンスの低さが指摘されました。

内田氏が大学常務理事の要職を兼任して強大な権力を握っていたことに関しては、今回の事態の再発防止策として、常務理事や学長らの運動部の部長や監督、コーチなどの兼職を認めない、という案が報告されました。

出典
https://mainichi.jp/articles/20180725/k00/00m/050/199000c

<関連情報>
アメフト日大内田正人監督はラフプレータックルを指示したのか?鈴木大地スポーツ庁長官説明を要求

まとめ

5月6日のアメフト定期戦、日大関学大の試合で発生したプレー後のQB選手への背後からのタックルという重大なラフプレーへの内田正人監督への指示の有無が取りざたされていましたが、最近の第三者委員会の中間報告書では、内田元監督の指導の元でのプレーだという判断となりました。

<関連リンク>
アメフト日大内田正人監督とコーチがラフプレーを指示したとTBSとハドルマガジンが報道。大学は否定。

アメフト日大内田正人監督はラフプレータックルを指示したのか?鈴木大地スポーツ庁長官説明を要求

鈴木大地 スポーツ庁長官、アメフト日大関学大戦のタックルへ苦言

アメフト日大内田正人監督自粛、QBタックルの真相は?

アメフト関学大日大定期戦でのラフプレー、連盟と内田正人監督の対応について

アメフト関学大日大定期戦でのラフプレー、鳥内監督のコメントと正式な謝罪の要求について

アメフト日大関学大の試合でのラフプレーの経緯と対応、真相について。ネットでの反応は?

アメフト関西学院大日大定期戦でのラフプレー、鳥内監督のコメントと正式な謝罪の要求について

アメフト日大と関西学院大の試合でのラフプレーの経緯と対応、真相について。ネットでの反応は?

日大と関西学院大の定期戦でのラフプレーについて、ネットでの反応と処分

スポンサーリンク

-アメリカンフットボール, 日本のアメフト
-, , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。