旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

アメリカンフットボール 日本のアメフト

アメフト日大関学大の試合でのラフプレーの経緯と対応、真相について。ネットでの反応は?

更新日:

春のアメフトのシーズン、社会人も学生も開始されております。
5月6日の日本大学と関西学院大学の試合で、重大なラフプレーが発生、その選手はその後も反則を犯し退場となりました。
その後、そのプレーのビデオが出回り、大きな反響がありました。
当該選手は対外試合禁止処分、そして、監督は厳重注意となりました。
しかし、そこで話は終わりません。
その経緯を追っていきます、

日大関学大定期戦でのラフプレーの経緯と関西学院大学のと対応

まず、この定期戦でクオーターバックへの不正な背後からのタックルがありました。

これは明らかに通常では考えられないプレーです。

この日大91番の選手は不必要なラフプレーの反則をさらに繰り返し、最後には相手を殴って、資格没収=退場となりました。

試合後のインタビューで、日大の内田監督が
「力がないから、厳しくプレシャーをかけている。待ちでなく、攻めて戦わないと。選手も必死。あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」
と、自分で指示をしたかとも取れる、反則を容認した発言をしたことで、ネットでは非難の声が多くあがりました。

関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、日大と関学大の定期戦で日大の選手が度を越したラフプレーをしたとして、追加的な処分内容が決まるまで当該選手の対外試合の出場を禁止、日大の指導者を厳重注意としました。

また、関西学院大学は、経緯の説明と謝罪の要求文書を日大に送ったことが11日明らかになりました。

スポンサーリンク

日大関大定期戦でのラフプレーについての真相

Xリーガーの栗原選手が、自身のツイッターで以下のコメントを発表しました。

さらに、ネットでのアメリカンフットボールの週刊誌、ターンオーバーにて、日大OBの宍戸氏から以下の文章が発表されました。

◎編集後記Vol.233
 「なぜ」(編集長・宍戸博昭)
https://www.47news.jp/sports/turnover/2341645.html

日大と関学大の定期戦(5月6日、東京・アミノバイタルフィールド)で、3度に及ぶラフプレーで退場処分を受けた日大の守備選手(3年)に対して、関東学生アメリカンフットボール連盟が10日、対外試合出場を禁止する処分を発表した。
 日大の守備選手の行為は、スポーツマン精神から大きく逸脱し、競技の品位を著しく損なうもので弁解の余地はなく処分は当然だが、取材を進めるなかで反則行為に至った背景が少しずつ分かってきた。
 
 当該の守備選手は出場を辞退したが、6月の大学世界選手権(中国・ハルビン)の日本代表メンバーにも選ばれていた有望株だ。
 しかし、より高いレベルのプレーを求められ、監督から過度のプレッシャーを受けていたという。
 
 だからといって、相手の選手を故意に傷つける行為は絶対に許されるものではなく、関学大が日大に対し反則の経緯と謝罪を求める文書を送ったのは当然だ。
 今後、連盟が設置した「規律委員会」が詳細な調査を行った上で、正式な処分が下されることになる。
 
 今回の一件で、他大学の保護者からは日大との対戦に不安を表明する声が相次いでいるそうだ。これも当然である。
 日大守備選手の一連の反則行為が、監督の指示だったとは信じたくないが、それを裏付ける証言が出始めている。
 
 厳しい批判にさらされた日大守備選手は、チームから離れたいと周囲に漏らしているという。
 あれだけの「蛮行」に及んだのだから当たり前という意見が大半だろうが、一方で彼の立場を斟酌してほしいという思いもある。
 
 「こんなに勝ちたいと思っている人間が集まっているのに、なぜ選手生命を奪われるようなことをやらされないといけないのか…」
 日大の選手が打ち明けた、悲痛な心の叫びである。(編集長・宍戸博昭)

日大関学大定期戦でのラフプレーについてのネットでの反応

フェイスブックでは、当該選手をよく知るコーチからの彼についての文章が反響を呼んでいます。
彼は19歳以下の日本代表にも選ばれた、優秀で将来も有望な選手でした。
今回の件は、指導者の指導に問題があったのではないかということを示唆した内容です。

そして、日大と内田監督への非難の声は日に日に高まっています。

この流れていくと、日大は監督の交代、その他、対外試合の自粛などのより厳しい対応をする必要があると考えられています。

当該選手の友人でもあるコーチは

1人のアメフト好きとして、
1人の指導者として、
1人の彼の友人として、
この問題が良い形で収まり、
彼がまたアメリカンフットボールを好きになることを心から願っています。

と文章をまとめています。

まとめ

アメフト日大と関西学院大の試合でのラフプレーの経緯と対応、真相について、ネットでの情報と反応をまとめました。
この一連のプレーには、選手への指導者からの大きなプレッシャーがあった可能性が高いとされています。今後の日大の対応に注目です。

<関連情報> アメフト日大内田正人監督とコーチがラフプレーを指示したとTBSとハドルマガジンが報道。大学は否定。

アメフト日大ラフプレー問題で法大東大立教大との試合中止へ。内田正人監督の動向は?

アメフト日大内田正人監督はラフプレータックルを指示したのか?鈴木大地スポーツ庁長官説明を要求

アメフト関西学院大日大定期戦でのラフプレー、鳥内監督のコメントと正式な謝罪の要求について

関西学院大学が日大に経緯の説明と謝罪を要求。ネットでの反応

日大と関西学院大の定期戦でのラフプレーについて、ネットでの反応と処分

スポンサーリンク

-アメリカンフットボール, 日本のアメフト
-, , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。