旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

自民党総裁選の結果は安倍首相3選!石破茂氏の今後について 

投稿日:

9月20日、自民党の総裁選が行われました。
その結果、安倍首相が3選を果たしました。
安倍首相の今後の抱負と、敗れた石破茂氏の今後を予想しました。

自民党総裁選の結果は安倍首相3選

自民党は20日、自民党総裁選を行いました。
そして、自民党国会議員の投開票と自民党員・自民党友票の開票が行われました。
この結果、安倍晋三首相(63)が全体の68%を得票し、石破茂元幹事長(61)を破って連続3選を果たしました。

その内訳ですが以下の通りです。

安倍首相は国会議員票329票、党員票224票の計553票を獲得しました。一方、石破氏は国会議員票は大きく差が出て73票、また、党員票は前回6年前から大きく下げて181票の計254票という、2倍以上の差での安倍首相の圧勝という総裁選前の予想通りとなりました。

当選後のコメントで、安倍首相は石破氏の健闘をまずたたえました。
そして、全身全霊を傾けてこれからの総裁、首相としての任務をまっとうすると表明しました。
さらに、内政、外交の課題に対して、与党として挙党体制で取り組む意欲を示しました。

総裁の任期は平成33(2021)年9月末までの3年間となります。

スポンサーリンク

自民党総裁選で敗れた石破茂氏の今後について

一方、敗れた石破茂氏の今後を、彼の総裁選後のインタビューの内容から考えて見ましょう。

「ポスト安倍」の議員としてどうしていくか。という質問に対して、今回の(想定よりも多い票が入ったことによる)ありがたい結果に満足することなく、改めるべき点は改めて行きたい。と述べました。

そして、大臣などの党内内閣人事で安倍首相から打診があったらどうするか。という質問に関しては、それは、人事権者たる総理総裁が判断することであり、自分があれこれ言うのはせんえつ行為である、と述べて明言を避けました。

今回の総裁選で、自民党の中が決して一色でないということが示せたと思う、と意義を強調しました。

これらから、分かることは、3年後の総裁選に向けての足元を固める作業に早速取り掛かると思われます。そしてなんらかの人事の誘いがあればまず断ることはないと思われます。
あとは安倍首相次第であり、安倍首相が自分の後継者として誰か別の議員を抜擢して自民党員や世間にその意図を示す可能性はあります。

また、若くてルックスが良くて人気が先行している、小泉進次郎議員の今後の地震の政治家としての未来予想図次第とも言えるでしょう。
今回彼はよくわからない理由で石破茂氏に投票したとのことです。

まとめ

9月20日の自民党総裁選において、安倍晋三首相が3選を果たしました。敗れた石破茂氏は、3年後の総裁選勝利を見据えた地道な行動のスタート地点とも言えるでしょう。3年後の様相は、今後のライバルや安倍首相の意向や人事の動向次第と言えます。

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。