旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

日本の野球 野球

西岡剛選手2019年は独立リーグ栃木GBで現役続行。経歴について

投稿日:

西岡剛内野手は近年は怪我が多く、2018年シーズンで阪神は西岡剛選手に戦力外通告、退団となりました。
2019年のシーズンは、西岡選手の続報がはいりました。
栃木GBで、現役続行です。彼の経歴もまとめました。

西岡剛選手阪神を2018年退団

 阪神・西岡剛内野手は2012年オフに阪神に入団しましたが、2018年シーズン終了後退団となりました。
その後、現役続行を目指して12球団合同トライアウトに参加しました。
そのあと、セリーグパリーグからも声はかかりませんでした。

スポンサーリンク

西岡剛選手2019年は独立リーグ栃木GBで現役続行

野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)に、元日本代表で前阪神の西岡剛内野手が入団する見通しであることが11日、関係者への取材で分かりました。
村田修一内野手に続き、2年連続で日本野球機構(NPB)出身の大物選手を獲得することとなりました。
西岡内野手は昨年10月に阪神から戦力外通告を受けたが、現役続行を希望していました。

スポンサーリンク

西岡剛選手の経歴について

西岡剛選手は1984年7月27日生まれの34歳の内野手です。
大阪桐蔭高から2002年のドラフト1巡目でロッテに入団、中心選手として活躍しました。
2006年の第1回「ワールド・ベースボール・クラシック」では主に「2番・二塁手」として日本の優勝に貢献しました。
また、2008年の北京五輪にも出場しました。
2010年にはシーズン206安打をマークして、米大リーグのツインズに入団して、2011年から2年間プレーしましたが、いい成績は残せず、2013年から阪神でプレーしました。
2018年は25試合に出場し、打率1割2分5厘という結果で退団となりました。
プロ通算成績は打率2割8分8厘、1191安打、61本塁打、383打点、196盗塁。
主要タイトルは首位打者と最多安打を1回、盗塁王2回、ベストナイン4回、ゴールデングラブ賞3回を獲得した名選手です。

まとめ

阪神タイガースの人気選手、西岡剛選手が戦力外通告を受け、退団しました。
そして、独立リーグで今季はプレーすることが濃厚となりました。
活躍を期待しております。

出典
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00010001-soon-l09

スポンサーリンク

-日本の野球, 野球
-, , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。