旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

フッ化水素の韓国への輸出に関する経済産業省の措置と横流しリスクの懸念について

投稿日:

フッ化水素の韓国輸出と経済産業省の措置が7月1日発表されました。
これが現在大きな二国間問題と発展しそうな勢いです。
ここで、フッ化水素の韓国への輸出に関する経済産業省の措、世耕大臣の説明、背景にある横流しリスクの懸念についてまとめました。

フッ化水素の韓国への輸出に関する経済産業省の措置

経済産業省が7月1日のホームページに、大韓民国向け輸出管理の運用の見直しについて、という文章を記載しました。以下の通りです。

経済産業省は、外国為替及び外国貿易法(以下、「外為法」)に基づく輸出管理を適切に実施する観点から、大韓民国向けの輸出について厳格な制度の運用を行います。

輸出管理制度は、国際的な信頼関係を土台として構築されていますが、関係省庁で検討を行った結果、日韓間の信頼関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない状況です。

こうした中で、大韓民国との信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難になっていることに加え、大韓民国に関連する輸出管理をめぐり不適切な事案が発生したこともあり、輸出管理を適切に実施する観点から、下記のとおり、厳格な制度の運用を行うこととします。

1.大韓民国に関する輸出管理上のカテゴリーの見直し

本日(7月1日)より、大韓民国に関する輸出管理上のカテゴリーを見直すため、外為法輸出貿易管理令別表第3の国(いわゆる「ホワイト国」)から大韓民国を削除するための政令改正について意見募集手続きを開始します。

2.特定品目の包括輸出許可から個別輸出許可への切り替え

7月4日より、フッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素の大韓民国向け輸出及びこれらに関連する製造技術の移転(製造設備の輸出に伴うものも含む)について、包括輸出許可制度の対象から外し、個別に輸出許可申請を求め、輸出審査を行うこととします。

https://www.meti.go.jp/press/2019/07/20190701006/20190701006.html

スポンサーリンク

世耕経済産業大臣の説明

世耕経済産業大臣はツイッターで今回の措置を以下のように説明しています。

経緯①
従来から韓国側の輸出管理(キャッチオール規制)に不十分な点があり、不適切事案も複数発生していたが、日韓の意見交換を通して韓国が制度の改善に取り組み制度を適切に運用していくとの信頼があったが、近年は日本からの申し入れにもかかわらず、十分な意見交換の機会がなくなっていた。

経緯②
また近時、今回輸出許可を求めることにした製品分野で韓国に関連する輸出管理を巡り不適切な事案が発生している。

経緯③
さらに今年に入ってこれまで両国間で積み重ねてきた友好協力関係に反する韓国側の否定的な動きが相次ぎ、その上で、旧朝鮮半島出身労働者問題については、G20までに満足する解決策が示されず、関係省庁で相談した結果、信頼関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない。

経緯④
輸出管理制度は、国際的な信頼関係を土台として構築されているものであり、経緯①〜③を勘案した結果、韓国との信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難になっていると判断し、厳格な制度の運用を行い、万全を期すこととた。

スポンサーリンク

フッ化水素の韓国への輸出に関する経済産業省の措置と横流しリスクの懸念

輸出規制は韓国から他国に原材料が渡るリスクへの懸念であることが報道されています。
日本政府が、韓国に対する半導体の原材料などの輸出規制を厳格化した背景は、韓国側の貿易管理の体制が不十分で、このままでは化学兵器などにも転用される可能性がある物資が、韓国からほかの国に渡るリスクが排除できないという懸念があったことがわかりました。

日本政府や安倍首相、世耕経済産業大臣の説明では、半導体の原材料などで韓国向けの輸出規制を厳しくする措置を取った主な理由として、日韓の信頼関係がなくなったこと、不適切な事態が実際起こっていることを挙げています。
具体的には、安全保障上不適切な事例が複数あったためだと推測されます。これら輸出規制される原材料は、化学兵器のサリンなどに転用される可能性もあるにもかかわらず、一部の韓国企業が発注先の日本企業に急いで納入するよう迫ることが常態化していたということです。

これは不可解なことです。

経済産業省はこれを問題と見て、日本企業に聞き取りや立ち入り検査をして改善を求めた一方で、韓国側の当局は、貿易管理の体制が不十分で韓国企業への適切な対応を一切とってきませんでした。

こうした状況が続けば、日本から輸出された軍事転用も可能な物資が、韓国から大量破壊兵器を開発するほかの国に渡るリスクを排除できないという懸念がありました。

これが、今回の措置に踏み切る背景となったということです。非常に事態は深刻です。

そして、日本政府は、今回の措置は国内の運用の見直しであるため、韓国との協議には応じない方針で、同じことを世耕大臣もツイートしています。

出典

https://news.goo.ne.jp/article/nhknews/politics/nhknews-10011987921_20190709.html

まとめ

フッ化水素の韓国への輸出に関する経済産業省の措置についての世耕大臣の説明と、第三国への横流しの懸念があることについてまとめました。

フッ化水素の韓国輸出と経済産業省の措置と世耕大臣の説明

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。