旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

アメリカンフットボール 日本のアメフト

JapanXBowl2017の結果と試合経過とハーフタイムショー。ライスボウルについて

投稿日:

2017年12月18日月曜日、アメリカンフットボールの社会人Xリーグの決勝戦、Japan X Bowlが開催されました。

連覇を狙う富士通フロンティアーズに初優勝を目指すIBM BIGBLUE が挑戦しました。両チーム、タレントを揃えていて、接戦が予想されました。

しかし、意外な結果となりました。

ここでJapan X Bowlの結果、試合経過とハーフタイムショーについてまとめました。そして、ライスボウルの紹介もまとめました。

JapanXBowl2017の結果

第31回ジャパンXボウルは、12月18日に開催されました。

このリーグの決勝戦は、富士通フロンティアーズ(リーグ戦2位)v.s. IBM BigBlue(同5位)の対決です。

前半から得点を重ねた富士通が63対23のスコアで40点差をつけて大勝しました。これで富士通は2年連続3回目の優勝となります。

この試合で富士通は、試合開始直後の猪熊の100ヤードキックオフリターンTDを皮切りに計9TDを挙げて63点のスコアを記録しました。これで1995年の第9回大会で松下電工(当時)が記録していた54点の最多得点記録を更新しました。

なお、最優秀選手(MVP)はWRの中村輝晃クラーク選手(富士通)が獲得しました。

スポンサーリンク

JapanXBowl2017の試合経過

試合の各クオーターの得点は下記となりました。

富士通フロンティアーズ 63
1Q: 21-7
2Q: 14-6
3Q: 14-10
4Q: 14-0
IBM BigBlue 23

試合の得点経過について

第1Q、いきなりの猪熊選手の100ヤードリターンタッチダウンのビッグプレーで富士通が先制!

しかし、IBMはすかさず日本代表RB#21高木稜選手の12ヤードタッチダウンが決まり、7−7に追いつきました。

しかし、この1Q、富士通がこの後立て続けに2つのパスのタッチダウンで、21−7の14点差で1Q終了。

そして、2Q、富士通がファンブルしたボールをIBM#5コグラン選手がリカバーで攻撃権を獲得。IBM佐藤選手のFGで3点を挙げ、21−10の11点差に詰めます。

しかし、今日の富士通はすぐ突き放します。
キャメロン選手から#81中村選手へのパスで74ヤードタッチダウン、28−10
そして、インターセプトから60ヤードのタッチダウンで35−10

前半これで25点差がつきました。しかし、粘るIBM、#21高木選手が69ヤードキックオフリターンのビッグプレー。 IBMは50ヤードFGで3点を返し、35−13の22点差で前半を終了、まだ後半に試合の望みをつなぎました。

そして、後半はいってすぐに#10末吉選手のランでタッチダウン、これで35ー20として、15点差、2タッチダウンプラス1点まで詰めます。

しかし、ここで富士通はパスでタッチダウン、42−20、再び22点差、IBMはFGで3点詰めました。これで42−23の19点差。

しかし、この後ほぼ勝利を決定づけるタッチダウンは富士通でした。ラッシュで#1強選手がタッチダウンを挙げ、49−23。
残り時間を考えると、この時点での26点差は決定的とも言えました。

この後、エンドゾーン内での痛恨のインターセプションはIBMにでました。

ラインで完全に富士通が優位に立ち、第4Qはさらに2タッチダウンで14点を追加して、富士通は9タッチダウン63点。IBMの追加点はなく23点のままで、40点差の大差での富士通の勝利となりました。

IBMには痛恨のインターセプションで失点や得点できなかったのも大差につながりました。

そして何より富士通QBキャメロン選手はこの試合、パス、そして自らのランで、アメリカのカレッジで活躍したQBとしての格の違いを日本のアメフトファンに見せつけました。

スタッツも差が出ていますが、ポゼッションはIBMの方が時間が上でした。これは、富士通がロングパスなどで素早く点を取ったこともありますが、やはり要所でのIBMのインターセプションが悔やまれます。

試合のスタッツのまとめ

ファーストダウン(ラン - パス - 反則)
富士通20 (8 - 11 - 1)
IBM 26 (13 - 12 - 1)

(パス) 試投 - 成功 - インターセプト, 獲得ヤード
富士通23 - 17 - 0, 306Yds
IBM 46 - 24 - 3, 236Yds

(ラン) 回数 - 獲得ヤード
富士通30 - 200Yds
IBM 35 - 163Yds

(攻撃) 回数 - 獲得ヤード
富士通 53 - 506Yds
IBM 81 - 399Yds

(反則) 回数 - 損失ヤード
富士通 3 - 30Yds
IBM 7 - 40Yds

(ファンブル) 回数 - 喪失
富士通2 - 2
IBM 1 - 1

(フィールドゴール) 回数 - 成功
富士通0 - 0
IBM 3 - 3

TIME OF POSSESSION
富士通21:16
IBM 26:44

データはXリーグ公式サイトより引用しました。
http://www.xleague.com/result/result.php?url_id=I1546

JapanXBowl2017のハーフタイムショーについて

この試合のハーフタイムショーは往年の人気バンドレベッカのボーカル、Nokkoさんがライブで歌いました。
総勢160人のオールXチアリーダーズとの共演で「ラズベリー・ドリーム」と「フレンズ」の2曲を熱唱しました。
オールドファンにとってはたまらないハーフタイムショーでしたね。

ライスボウル2018について

富士通はもう一試合公式戦があります。来年1月3日の日本選手権「ライスボウル」(東京ドーム)です。
この試合では、12月17日に開催された全日本大学選手権「三菱電機杯 第72回毎日甲子園ボウル」を27年ぶりに制した日大と対戦します。

まとめ

第31回ジャパンXボウルは、富士通フロンティアーズ(リーグ戦2位)v.s. IBM BigBlue(同5位)の対決となりました。
試合は富士通が63対23のスコアで40点差をつけて大勝しました。これで富士通は2年連続3回目の優勝となります。
ライスボウルでは学生王者の日本大学との対戦です。

<アメフト関連情報>

JAPANXBOWL2017富士通に挑むIBMBIGBLUEの注目選手と見所、試合中継と速報

JAPANXBOWL2017富士通フロンティアーズの注目選手と見所、テレビ中継と速報

JAPAN X BOWL 2017のチケットとライブ中継、速報について

アメフト日大優勝と2017の結果、内田監督と林大希選手について

ライスボウルのチケット2018の前売り値段と会場と見所について

甲子園ボウル日大関学の結果と録画中継、ライスボウルの対戦相手について

スポンサーリンク

-アメリカンフットボール, 日本のアメフト
-,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。