旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

日々の暮らし

北海道と関東甲信に厳しい寒気。十分な注意と対策を

投稿日:

北海道上空に観測史上最強レベルの寒気 厳しい寒さに十分注意 という情報が出ました。
どの程度の厳しさでしょうか?

北海道と関東甲信に厳しい寒気。十分な注意と対策についてまとめました。

北海道上空に観測史上最強レベルの寒気

北海道の気象情報

2019年2月8日には、北海道の上空に観測史上最も強いレベルの寒気が流れ込み、札幌市などでは日中でも最高気温が氷点下10度前後の厳しい寒さが予想されています。

気象庁によりますと、北日本の上空には非常に強い寒気が南下していて、特に北海道では上空1500メートルで氷点下24度以下という、観測史上最も強いレベルの寒気が流れ込んでいます。

2019年2月8日午前5時の気温は、北海道の北見市で氷点下11度9分、旭川市で氷点下12度9分、札幌市で氷点下11度1分、東北でも青森市で氷点下6度7分、盛岡市で氷点下5度8分などとなっています。

日中も気温が上がらず、北海道旭川市で氷点下12度、札幌市で氷点下11度、青森市で氷点下6度などと、ところによって平年を10度ほど下回る厳しい寒さになる見込みです。

北海道付近に強い寒気が流れ込む要因として挙げられるのは日本の上空を西から東へと吹く「偏西風」の蛇行です。

偏西風の北側には北極や大陸付近の寒気があります。

8日は、この偏西風が北海道の南側に蛇行しているため、北極付近にあった強い寒気が流れ込んでいるということです。

偏西風の蛇行による強い寒気の流入は、先月末には、アメリカ中西部の寒波をもたらしたとされています。

関東甲信の気象情報

関東甲信では、上空の寒気や低気圧の影響で、あす9日土曜日は山沿いを中心に雪が降り、東京23区など平野部でも積もるおそれがあり、今後の情報に注意が必要です。

出典
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190208/k10011807881000.html

スポンサーリンク

北海道に厳しい寒気。十分な注意と対策について

北海道に厳しい寒気。十分な注意と対策については以下の通りです。

まずは個人の体調管理です。外にお出かけの場合は十分な防寒対策をしてください。

そして、路上の凍結の可能性があります。歩きやすいしっかりとした靴を履きましょう。
歩き方ですが、ゆっくりと、転倒に注意しながら歩きましょう。

車などを運転される場合も、低速で慎重に運転してください。急発進急加速急減速はスリップの危険を高めます。

2輪車、自転車もバイクも危険なので避けましょう。

そして、水道管の凍結の可能性があり、十分な注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

気象庁によりますと、北日本の上空には非常に強い寒気が南下しています。
体調管理、転倒注意、そして水道管にも注意しましょう。

スポンサーリンク

-日々の暮らし
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。