旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

冬の行事について

お台場レインボー花火2017の日程時間とアクセスについて。見所と穴場も紹介

投稿日:

花火といえば夏の風物詩でしたが、最近は冬の花火も多くなってきました。

その一つが、お台場レインボー花火。
12月の新しい東京のお楽しみですね。

そこで、お台場レインボー花火2017について、日程時間、穴場情報をまとめました。

お台場レインボー花火2017の日程時間について

お台場レインボー花火2017は予定は以下の通りです。

日程は、2017年12月毎週土曜日です。
すなわち、12月2日、9日、16日、23日、30日の5回です。

花火打ち上げの時間は、19:00からの10分間となっております。

打上げ数は各日1,800発です。

打上場所:お台場海浜公園の自由の女神像、鳥の島沖です。

12月23日(土)の打ち上げは、音楽と連動した、ミュージック花火となっております。

なお、荒天の場合の花火の打ち上げは、中止となります。

スポンサーリンク

お台場レインボー花火2017へのアクセス

電車、バス、水上バスがあります。

このうちで電車が一番便利です。新交通ゆりかもめを利用、「お台場海浜公園駅」もしくは、「台場駅」で下車して徒歩5分です。
もしくは、りんかい線「東京テレポート駅」で下車して、徒歩7分となっております。

お台場レインボー花火2017の見所と穴場について

この花火には、特設観覧席やスタンド等は設置されません。自分で一番いい場所を探すしかありませんね。

見所は、やはり、豪快な花火の連射1800発と、この場所特有の東京湾の夜景、レインボーブリッジの景色とのコラボレーションと言えるでしょう。

天候次第ですが、やはり、土曜の19時、現地は非常に混雑します。
早めに行って場所取りをしても、たったの10分の打ち上げなので、時間の効率やよくはないですね。

なので、穴場からこのお台場レインボーを楽しみましょう。

お台場海浜公園

お台場海浜公園自体は混んでいるでしょうけど、砂浜まで歩くとその辺りは穴場と言えるでしょう。歩きにくいという難点はありますが、ある程度の広さがあるので人混みは避けられ、さらに、レインボーブリッジ、東京の夜景と花火を同時に楽しむことができます。

ゆりかもめのお台場海浜公園駅が最寄りの駅です。

台場公園

お台場海浜公園駅を降りてから、レインボーブリッジの方向(北方向)に歩いて約15分程度です。

駅から暗い中を歩くのは難点ですが、その分人が少ないこと、打ち上げ場所から近いこと、迫力満点の花火が見られること、さらにレインボーブリッジを間近に見ることもできます

この台場公園が穴場の中でも一番のオススメと言っていいでしょう。

有明スポーツセンターの展望台

このスポーツセンターの展望廊下は、入場無料です。
さらに、ベンチまであります。座って眺めることができます。

方角的に、レインボーブリッジと花火を同時に鑑賞できる場所ですね。
しかしながら、同じ発想の人が集合するので、結構混みます。

さらに、花火まで距離があるので、迫力に欠けます。

最寄りの駅は、お台場海浜公園駅で、徒歩10分です。

テレコムセンターの展望台

高い位置から花火を楽しめます。
ただし、混雑しているので、穴場とは言いがたいところはあります。
最寄の駅は、ゆりかもめのテレコムセンター駅で、降りてすぐにビルがあります。

品川の品川コンテナ埠頭

お台場から東京湾を挟んだ反対側からの花火の鑑賞です。
品川駅から歩いて行ける距離にあります。

レインボーブリッジも同時に見られます。

ただ、23日は音楽と連動ですが、音楽の音量はここからでは大したことはないかもしれません。

まとめ

12月のお台場の新しい風物詩、お台場レインボー花火2017の日程時間とアクセス、見所と穴場をまとめました。
10分間に大量の花火が集中して打ち上げられる、ある意味お得な花火大会です。
防寒対策には気をつけて、楽しい10分間をこの花火で過ごしてください。

スポンサーリンク

-冬の行事について
-, ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。