旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

冬の行事について

札幌雪まつり期間はいつからいつまで?会場とアクセスも解説

更新日:

来年なんと69回目を迎える、札幌雪まつり。冬の札幌の風物詩として、北海道のみならず、海外からの観光役で賑わっております。

来年はどんな石像で楽しませてもらえるのでしょうか?今から楽しみですね。

ここでは、札幌雪まつりの期間、会場について、そして会場へのアクセスをまとめました。

札幌雪まつりの期間はいつからいつまで?

第69回2018さっぽろ雪まつりの期間は

大通り会場、すすきの会場は
2018年2月5日月曜日 から 2月12日月曜日(振替休日)まで

つどーむ会場は
2018年2月1日木曜日 から 2月12日月曜日(振替休日)まで

となっております。

札幌雪まつりの会場はどこ?

札幌雪まつりの会場は下記の3箇所です。

大通会場

場所: 大通公園 西1丁目~西12丁目
開催期間: 2018年2月5日(月)~2月12日(月・振)
開催時間: いつでも観られます(ライトアップは22:00まで)

約1.5キロメートルにわたる大通公園で展開される、スケールの大きな雪と氷のドラマです。

つどーむ会場

場所: 札幌市スポーツ交流施設  コミュニティドーム(愛称:つどーむ) 札幌市東区栄町885番地1
開催期間: 2018年2月1日(木)~2月12日(月・振)
開催時間: 9:00~17:00

この会場では、すべり台やスノーラフトなど、子供から大人までが北海道の自然の中で雪とふれあうことができます。

すすきの会場 (すすきのアイスワールド2018)

場所:南4条通りから南7条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道
開催期間: 2018年2月5日(月)~2月12日(月・振)
開催時間:いつでも観られます(ライトアップは23:00まで。※最終日は22:00まで)

「氷を楽しむ」が今回のテーマです。幻想的な氷像を楽しみましょう。。

札幌雪まつりへのアクセス行き方は?

まず、地図で大通公園を確認しましょう。

この公園の最寄の駅は、地下鉄 大通駅 です。この駅は、札幌の3つの札幌市営地下鉄
の路線、南北線、東西線、東豊線の全てが乗り入れする駅です。

大通り会場は、この大通り、東西約1.5 kmの長い範囲に雪像が設置してあり、それを楽しめます。

札幌駅から大通駅へは地下鉄で一駅です。
また、徒歩で歩いて地上、もしくは地下道を通って札幌駅から大通に行くこともできます。距離にして約1㎞、約13分です。荷物がなければ大した距離ではないですね。

すすきの会場には、地下鉄の南北線で、大通駅から一駅の距離です。

徒歩でも、地上、地下道を通っていくことができる距離です。
距離にして620メートル程度、時間にして7分です。

つどーむ会場には、地下鉄東豊線の「栄町駅」で下車、
2番出口から徒歩15分です。
もしくは、雪まつり開催時はシャトルバスが運行される予定です。

大通駅から栄町駅までの地下鉄で七駅目、距離にして7.2Kmで、所要時間は13分です。

雪祭りにアクセスのいいおすすめのホテル情報はこちらです。
札幌雪祭りへのアクセスのいいおすすめのホテルは東横イン。値段施設と場所がポイント

まとめ

冬の札幌のイベントといえば、札幌雪まつり。開催期間は2018年2月1日から12日まで。イベント会場は3箇所あります。2箇所、大通公園とすすきのは近いですが、1箇所つどーむ会場はなれています。

スポンサーリンク

-冬の行事について
-, ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。