旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

冬の行事について

お歳暮を両親に贈るのはあり?金額の相場とおすすめ商品を紹介。

投稿日:

年末も近くなってきました。実家の両親に感謝の気持ちを伝えたいと思っている人も多いと思います。となると、お歳暮ですね。今年は贈ってみませんか。せっかくなので、喜ばれるものを贈りたいですよね。

でも、実際贈ろうと思い立っても、どれくらいの値段で、どんなものを贈ればいいのか、迷ってしまいますよね。

そこで、両親にお歳暮を贈る場合の金額の相場、大体の目安について、そして贈ると喜ばれるおすすめ商品についてまとめてみました。

お歳暮を両親に贈るのはアリかな?

お歳暮の贈り物の習慣は、歴史的には御魂祭りを由来としております。これは、正月に年神様(先祖の霊)を現世にお迎えするための行事です。このために、本家に対してこれに使うお供え物を届けるという習慣が以前にはありました。

その後これが変化して、お世話になった方々への感謝の気持ちとしての贈り物になったのが、現在のお歳暮です。

なので、お歳暮で両親に感謝の気持ちを伝える、というのは理にかなっていますね。

今まで、両親にお歳暮を贈ったことがなくて、突然贈るのもどうかな、というふうに考えてしまいますよね。でも、大切なことは、その気持ちを年末にきちんと形として伝えることです。

兄弟に確認して、たとえ彼らが贈ってなかったとしても、自分の感謝の気持ちは伝えるために、贈る事を躊躇する必要はないと思います。

お歳暮を両親に贈る場合の金額の相場は?

一般的には、お中元よりもお歳暮の方が高くなるという傾向があり、また、両親、仲人そして上司などお世話になっている人へのお中元の相場は5000円前後ということです。

これは、あまりに高価なものを贈るのも、受け取った方が訝しいと思う可能性がありますし、安すぎると、これもまた、軽く見られているのではないかと思われてしまいます。

5000円というのはこういう心配のいらない、妥当な金額だと思われます。

スポンサーリンク

お歳暮として両親に贈るおすすめ商品

お歳暮を贈る時期は、12月上旬~12月20日迄が標準です。この時期の両親が住んでいる環境や欲しいであろうもの、日本の名産品などを考慮してみましょう。両親の日頃からの発言内容でどのようなものを気に入っていて、この冬は特に何が欲しいかどうか、これらを少し考えてみる必要があります。もちろん、想像がつかなければ直接聞いてみるというのがいいと思います。

もしくは、ご両親が本当に欲しいものが後日好きなタイミングで手に入れられる、という点において、商品券やビール券、最近では食品を選択できるタイプのギフト券という選択肢はやはり喜ばれると思われます。

食料では、年末に食べるのではなく、日持ちする商品が重宝されると言っていいでしょう。その条件に合致して、根強い人気があるのが ハム・ソーセージ、海苔・乾物、食用油です。

飲み物であれば、ビール缶セット、フルーツドリンクなどが定番です。ただ、約5000円という予算とのバランスを考えると、高級なものを選んだ方が良いでしょう。

もちろん、受け取って嬉しいかどうか、これが一番のポイントとなります。さらに、安物に見られないだけの見た目の質感と量のバランスも重要となってきますね。

お歳暮の品として、例えば、食品であれば、普通の町のスーパーで売ってないもの、かといって、自分で頼んで送ってもらう、というのも敷居が高いものが喜ばれるのではないでしょうか。

例えば、産地直送の名産品など如何でしょうか。岡山産のメロン、桃、北海道のカニ、神戸牛など各地の特産ビーフ。これらは日本人の心をくすぐるものと言っていいでしょう。

まとめ

両親への日頃の感謝の気持ちを込めたお歳暮を贈ることは、日本の文化的な歴史から考えても理にかなっております。予算を5000円前後と設定して、本人たちが喜びそうなものをチョイスしてください。シンプルに商品券でも十分喜ばれます。また、定番の品物以外にも、産地直送の食材などで驚かせてみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

-冬の行事について
-,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。