旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

冬の行事について

神田明神初詣2019の混雑時間と予約について

投稿日:

東京の初詣スポットといえば、神田明神が有名です。

神田明神はだいこく様、えびす様、まさかど様の3柱を祀り、特に商売繁盛と縁結び、金運と勝負運に霊験あらたかとされております。
2019年の正月にもぜひ訪れたい神社ですね。

そこで、神田明神初詣の混雑時間について、そして予約についてまとめました。

神田明神初詣2019の混雑時間について

東京の人気スポットの神田明神、大晦日から行く人は多く、元旦の0時の前にはすでに人が並んでいます。
0時からは歳旦祭が行われて、参拝客に振る舞い酒が出されます。

そこから数時間にかけて、神社のエリアは大混雑となりますのでご注意を。

そして、1月1日、夜が明けて朝がきたら、また徐々に人が増え始めます。

そして、正月の午後にもやはり混雑します。

1月2日の狙い目は、早朝から朝9時くらいにかけてです。

この時間までは空いています。そして、次は夕方から夜にかけては、元旦ほどの混雑からは免れます。

その後、1月3日、そして4日には、日中に商売繁盛のためにお参りする、会社や企業の初詣の団体と思われる人たちが殺到し始めます。

特に仕事始めに会社でお参りする人たちとは時間をずらす方がいいですね。

以上より、混雑を避けるには、2日以降の早朝か夜となります。

スポンサーリンク

神田明神初詣2019の予約について

神田明神での混雑を避けるために、会社や企業、団体での昇殿参拝の場合は、参拝の予約をするという方法もあります。

神田明神では、商売繁昌など会社のご参拝や、厄除けなど個人のご参拝を受け付けています。 

現在、神田明神のホームページでは平成30年1月の初詣に関する情報があります。アップデートされ次第更新します。

【初詣のご昇殿参拝受付(ご祈祷)の受付時間】

正月元旦    午前0時〜午後6時
1月2日〜3日 午前8時〜午後6時
1月4、5、9日 午前7時〜午後7時
1月6~8日、10日〜31日 午前9時〜午後5時
2月1日以降 午前9時~午後4時

【初穂料】     
個人祈祷 10000円、30000円〜
会社祈祷 30000円〜、50000円~、70000円~

 ※新年会者参拝の事前申込は、11月1日~12月15日(必着)までです。それ以降は、神社での申込みになります。

【神田明神での個人の昇殿参拝の一般的な情報について】

10,000円〜(木札1体、開運守護1体、神供)
 ※木札にはお名前、祈願内容を入れてもらえます。
 ※祈願内容は2つまで選べます
厄除け祈願 10000円~(木札1体、厄除守護1体、神供)
車祓 10000円〜(車用御守、神供)
初宮詣 10000円〜(健育御守、神供)

・問い合わせ

〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2
電話:03-3254-0753 FAX:03-3255-8875
メール(一般の問い合せ):kouhou@kandamyoujin.or.jp

【初穂料】 
会社祈祷 30000円〜、50000円~、70000円~
 

<関連投稿>
神田明神の初詣の期間とアクセス、駐車場について

まとめ

神田明神2019初詣の混雑時間、と空いてる時間についてまとめました。また、予約について会社と個人についての情報をまとめました。会社は予約が必要となります。個人は必要ありません。

スポンサーリンク

-冬の行事について
-, , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。