旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

欧州旅行

海外在住者のノルウェー入国情報、ドイツの空港でのコロナ検査の最新情報

更新日:

新型コロナウイルスで海外在住者の他の外国への入国への手続きが例年とは異なります。
そこで、知人から聞いた、海外在住者のノルウェーへの入国の流れ、そしてノルウェーの入国条件とドイツでの検査に関する最新情報2020年12月をまとめました。

ドイツからノルウェー入国の最新情報

欧州の国の移動に関する、私の知人の知人の話が伝わってきました。その内容は以下の通りです。

その人はフランクフルト空港からオスロ空港に到着したが、新型コロナの検査をしてなくて、オスロの空港で入国できなかったとのことです。
そして、フランクフルト空港で検査を受けて、飛行機に乗り直して、到着、入国成功ということになったそうです。
検査結果のメールが来ない状況で、領収書だけで受理されたとのことですが、これからオスロのホテルで隔離期間となるそうです。

ノルウェーのオスロ空港への到着時の入国条件で、搭乗前の検査を義務付けているそうです。
オスロ行きの飛行機には乗れたのですが、入国拒否、同日ドイツに戻って即日検査を受けて、翌日に飛行機で移動ということになったとのことです。
ちなみに、ネットで帰りの航空券を予約してチェックインするまで、ずっと警察がついていたとのことです。

スポンサーリンク

ノルウェー入国の条件 最新情報

2020年11月9日より、ノルウェー公衆保健研究所(FHI)感染状況評価マップで「赤」の国・地域(日本を含む)からノルウェーに入国する者に対して、以下の検疫措置がとられています。

(注)FHIが感染状況評価マップにおいて「赤」と指定している国・地域。最新情報は以下のFHIホームページをご参照ください。
https://www.fhi.no/en/op/novel-coronavirus-facts-advice/facts-and-general-advice/entry-quarantine-travel-covid19/

1.ノルウェー入国前72時間以内に受検した新型コロナウイルス検査の陰性結果証の提示
FHI感染状況評価マップで「赤」の国・地域(日本を含む)からノルウェーに入国する者は、ノルウェー入国時に、ノルウェー入国前72時間以内に受検した新型コロナウイルス検査の陰性結果証明の提示が求められます

ノルウェー人、ノルウェー在住外国人、トランジットのためにノルウェーに入国する外国人及び12歳未満の子には本措置は適用されません。その他例外的に本措置の対象とならない者については、以下リンクよりノルウェー法務公安省ホームページをご参照ください。
Requirement of negative Covid-19 test to enter Norway

PCR検査あるいは簡易抗原検査いずれかの検査結果であることが求められ、陰性結果証明は、ノルウェー語、スウェーデン語、デンマーク語、英語、フランス語、ドイツ語のいずれかで記載されている必要があります。なお、検体は鼻咽頭ぬぐい液または唾液とされています。

2.ノルウェー入国後、ノルウェー当局の指定するホテルにおける10日間の自宅待機
FHI感染状況評価マップで「赤」の国・地域(日本を含む)からノルウェーに入国する者は、ノルウェー入国後、ノルウェー当局の指定するホテルにおいて10日間の自宅待機を行うことが求められます。

https://www.no.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00315.html

スポンサーリンク

ドイツの空港での新型コロナウイルス検査に関する情報

ドイツの空港では、新型コロナウイルスの迅速検査を受けることができます。これはRT-PCR検査(逆転写ポリメラーゼ連鎖反応検査)で、急性の新型コロナウイルスの感染が認められるかどうかを検査します。

感染ハイリスク地域からドイツに入国する旅客への新規定

2020年11月8日以降、国外の新型コロナ感染ハイリスク地域より入国する旅客には10日間の隔離が義務付けられています。なお、入国から5日後に新型コロナウイルスの検査(有料)を受け、隔離期間を早期に終了することができます。

また、この新しい隔離規定では、特定の旅客が定められた条件の下で(例:明らかに必要と認められる5日以内の出張など)、陰性の検査結果を提示して隔離義務を免除することができます。2020年12月1日以降、感染ハイリスク地域からの入国者への検査は有料となっています。この検査には、フランクフルト、ミュンヘン、その他ドイツの空港の検査センターをご利用いただけます。

フランクフルトの検査センター

CENTOGENE社とドイツ赤十字社の検査センターは、ターミナル1と長距離列車駅(The Squaire)の間の通路中央にあります。

CENTOGENE社の新型コロナウイルス検査センターには登録が必要ですので、サイトから登録してください。

https://corona.centogene.com/login

検査センターに到着前に登録して、有料の検査を申し込む必要があります。料金と検査に要する時間、登録方法などの詳細は、CENTOGENE社のホームページで確認してください。

出典 https://www.lufthansa.com/jp/ja/corona-testcenter

まとめ

海外在住者のノルウェー入国情報、ドイツの空港でのコロナ検査の最新情報をまとめました。

スポンサーリンク

-欧州旅行
-, , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。