旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

参議院選挙は次回はいつ?選挙制度、選挙区制と比例代表制について

更新日:

日本は二院制を取っており、衆議院と参議院で国会を構成しております。そして、それぞれ異なる選挙日程と選挙制度を持っております。

参議院選挙について、参議院選挙の次回はいつなのか、選挙制度、選挙区制と比例代表制にについてまとめました。

参議院選挙は次回はいつ?

参議院は任期は6年ですが、3年ごとに半数の改選が行われます。

令和4年度(2022 年度)、次の参議院議員の選挙、第26回参議院議員通常選挙は2022年の夏、という予定となっております。

参議院議員通常選挙は、公職選挙法によると、議員の任期満了日の30日以内に、公示は投票日の17日前までに行われることとなっています。

次回の第26回参議院選挙で改選される議員は、2016年7月10日に執行された、第24回参議院議員通常選挙で選出された議員で、この議員方の任期満了日は2022年7月25日です。

なので、次の参議院議員の選挙、第26回参議院議員通常選挙は2022年の夏、具体的には、6月25日から7月25日の間の日曜日、ということになります。

スポンサーリンク

参議院の選挙制度とは?

選挙権を有する者とは、満18歳以上の日本国籍を有する者です。
被選挙権を有する者とは、満30歳以上の日本国籍を有する者です。

参議院議員選挙は、選挙区選出議員選挙(選挙区選挙)と、比例代表選出議員選挙(比例代表選挙)から構成されていて、この二つが同時に行われます。

全参議院議員数は248人です。そして、参議院議員の任期は6年です。その任期に合わせて、3年に一度、参議院議員選挙をします。

すなわち、一回の選挙で選ばれる議員数は定数124となります。そしてこのうち、選挙区からは74人、比例区からは50人が選出されます。

このように3年ずらしている理由としては、一斉に選挙することによって政治において、空白期間ができることを防ぐためとされています。

また、特徴として、衆議院には解散があり、解散に伴う選挙がありますが、参議院には解散自体がありません。

参議院選挙の選挙区制について

参議院選挙の選挙区は、原則として全国の各都道府県(ただし、鳥取県・島根県、徳島県・高知県はそれぞれ2県の区域)の区域を単位として選挙区を設置しており、その各選挙区の定数として、人口に応じて2~12人を配分しています。

有権者は、自分の選挙区の候補者1人の氏名を投票用紙に自書する方法で投票して、選挙区ごとに、得票数の多い候補者から順に改選定数までの順位の者が当選人とされます。

スポンサーリンク

参議院選挙の比例代表選挙について

参議院選挙の比例代表制は、非拘束名簿式比例代表制と呼ばれていて、全都道府県の区域を通じて選出されます。

有権者は、名簿に登載された候補者のうち、1人の氏名を自書すること(候補者名による投票)、もしくは、候補者の氏名ではなく、名簿届出政党の名称(もしくは略称でも可能)を自書すること(政党名による投票)によって投票します。

選挙の当選人は、以下のような手順で決定されます。
(1) 名簿を届出した政党ごとに、候補者名による投票の得票数と政党名による投票の得票数を合算して、各政党等の総得票数を定めます。
(2) 各政党の総得票数に比例して、ドント方式により、各政党の当選人の数を定めます。
(3) 各政党に配分された当選人の数の中で、各政党等ごとで得票数の最も多い候補者から順に当選人を決定していきます。

まとめ

次回の参議院選挙は2022年の夏に開催されます。参議院の選挙制度の仕組みとして、半数ずつ3年ごとに改選、選挙区制度と比例代表制度の併用方法がとられます。
有権者として政治参加するために、衆議院選挙並びに参議院選挙には是非投票場所に出向いて、民意を示しましょう。

-政治について, 日本の政治
-, , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。