旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

冬の行事について

恵方巻きの方角は誰が決める?その一覧と2018はどうなる?

投稿日:

恵方巻き(えほうまき)とは、節分の日に恵方の方角に向いて食べると縁起が良いとされている、太い巻き寿しのことです。

そして、この恵方巻きを食べる習慣自体も、恵方巻き、と呼ばれて言います。

これはそもそも大阪を中心として行われていたのが、全国にこの数年で広がったものです。

そこで、この恵方巻きの方角は誰が決めるのか?その一覧は?2018はどうなるのかをまとめました。

恵方巻きの方角は誰が決める?

恵方とは、吉方の事です。吉方とは、その方向、方角に向かって物事を行うことが、全てにおいて吉に出る、とされている方角の事です。

この恵方(吉方)は、陰陽道で、その年の金運や幸せ(福徳)を司る神である「歳徳神(としとくじん)」がいる方向の事を指していいます。

この歳徳神様がいる場所が毎年変わる事によって、恵方も毎年変わります。

そして、この歳徳神様がいる場所は、陰陽道の決まりによって、その年の年号によって決まっています。

ちなみに、陰陽道とは、ブリタニカ国際大百科事典 によると

「中国古代の陰陽五行説に基づいて形成された俗信。木火土金水の五行と,日月,十干十二支の組合せに,相生相克の理をあてはめて吉凶を判断するもので,日時,方角をはじめ,人事全般に行為,運勢の良否を規定した。」

とのことなので、要するに、全ては文字どおり俗信であり、俗信に根拠などない、というのが結論なんですが、まあ、俗信であろうがそれを信じて、日々、いや一時でも幸せな気持ちになればそれはそれでいいでしょう。

なので、誰が決めるか、というと、陰陽道の決まりに従っている、ということになります。

2018年の恵方の決め方は?

その年の恵方は、十干(じっかん)を組み合わせることによって決まります。

そして、この十干とは、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種類の要素を指します。これらは中国から伝わり、暦などの表記に使われます。

この十干のうち、中央を意味する戊・己を除いた、甲・乙・丙・丁・庚・辛・壬・癸が方角を表します。

スポンサーリンク

恵方の方角の一覧について

十干と西暦年と方角の関係は以下の通りです。

甲・西暦年の下一桁が4の年が甲の年となる。75度=東北東やや東

乙・西暦年の下一桁が5の年が乙の年となる。255度=西南西やや西

丙・西暦年の下一桁が6の年が丙の年となる。165度=南南東やや南

丁・西暦年の下一桁が7の年が丁の年となる。345度=北北西やや北

戊・西暦年の下一桁が8の年が戊の年となる。165度=南南東やや南

己・西暦年の下一桁が9の年が己の年となる。75度=東北東やや東

庚・西暦年の下一桁が0の年が庚の年となる。255度=西南西やや西

辛・西暦年の下一桁が1の年が辛の年となる。165度=南南東やや南

壬・西暦年の下一桁が2の年が壬の年となる。345度=北北西やや北

癸・西暦年の下一桁が3の年が癸の年となる。165度=南南東やや南

と決まっております。

恵方巻きの方角2018は?

このように、恵方は西暦の年号にも対応して、陰陽道ですでに決まっております。

上の一覧表をご確認ください。

2018年の恵方は 戊・すなわち、南南東やや南になります。

2018の恵方巻きは、この方角に向かって食べましょう。

まとめ

恵方巻きについて、恵方の方角は誰が決めるか、について、そして2018年の恵方をまとめました。その年の恵方は、陰陽道の規則に従い、十干を組み合わせることによって決まっています。
2018の恵方巻きは南南東やや南に向かって食べましょう。

スポンサーリンク

-冬の行事について
-, ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。