旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

ハンガリー編

ハンガリー ブダペスト観光、世界遺産をめぐる歩き方 その7、英雄広場と市民公園

更新日:

ブダペストの世界遺産「ドナウ河岸、ブダ城地区、及びアンドラーシ通り」の歩き方。

今回のその7では、英雄広場をご紹介します。

ハンガリーの歴史と英雄たちを称える場所、英雄広場

英雄広場は、アンドラーシ通りの端にある広場です。ハンガリー建国1000年祭記念事業の一環として、1896年に建設されました。
広場の中央には、高さ35mの「建国1000年記念碑」がそびえています。この柱の上には聖イシュトヴァーンの王冠と大主教十字を握っている大天使ガブリエルが立っています。
この柱を囲むように柱廊があり、ハンガリーの歴史に残る14人の彫刻が並んでいます。
英雄広場は、市民公園(ヴァーロシュリゲット)のエリアの一部でもあります。
この広場に立ち、ハンガリーという長い歴史、そして幾多の変遷を経た国について想いを馳せてみましょう。
そして、多くの人が記念撮影をしているスポットでもあります。

英雄広場へのアクセス

世界遺産でもあるブダペスト地下鉄1番線に乗り、Hősök tere駅(英雄広場駅)下車すぐです。

ヴァーロシュリゲットの散策

英雄広場の東側にはブダペスト現代美術館、西側にはブダペスト西洋美術館(現在リノベーションのため休館中)があります。このどちらの建物も壮大な外見です。そして、ここまでが世界遺産に登録された範囲です。これらもヴァーロシュリゲットの一部で、1.4km×0.9kmの広さの自然にあふれる公園です。
この公園の見所、オススメの場所としては、 セーチェーニ温泉–、ヴォイダフニャッド城(農業博物館)、 ブダペスト交通博物館があります。

セーチェーニ温泉について

この温泉は、ヨーロッパ最大の温泉と言われ、1913年に建設されました。
温泉とプールがあり、雰囲気は市民プール、レジャープールといった感じですね。黄色い外見の建物に入り口があります。水着は持参しないといけません。サンダルも持参したほうがいいでしょう。ハイシーズンでは観光客が大量に来て、入場制限がかかることもあります。
屋外のプールでは、大きなチェスをやっている人たちもいます。チェスが好きな人は是非チャレンジしてください。

スポンサーリンク

屋内の温泉も日本人としては楽しめるところです。ただ、温度はそれほど高くありません。

セーチェーニ温泉へのアクセス

ブダペスト地下鉄1号線のセーチェニ温泉駅(Széchenyi fürdő)下車すぐです。
英雄広場からも歩いて10分程度の距離です。

Szechenyi Gyogyfurdo
年内無休
室内温泉 6:00~19:00
屋外温泉プール 6:00~22:00
X lV. Allatkerti krt. 9-11,
Budapest Hungary 
 http://www.szechenyifurdo.hu/

まとめ

英雄広場は、アンドラーシ通りの突き当たりにある広場で、ハンガリー建国1000年祭記念事業の一環として、1896年に建設されました。中央に高さ35mの記念碑がそびえています。英雄広場は、市民公園(ヴァーロシュリゲット)のエリアの一部でもあり、この公園にはセーチェーニ温泉をはじめとしてオススメの場所が点在しております。
街中から地下鉄1号線に乗って行きましょう。

スポンサーリンク

-ハンガリー編
-,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。