旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について

参議院選挙2022年はいつ?激戦東京選挙区最新情報 山本太郎 乙武洋匡 蓮舫氏ら対決

投稿日:

参議院選挙2022年はいつ?激戦東京選挙区最新情報 山本太郎 乙武洋匡 蓮舫氏ら対決についてまとめました。

参議院選挙次回2022はいつ?

2019年の参議院選挙は、2019年7月21日投開票でした。

そして、その次の参議院選挙で改選される議員は、2016年7月25日の第24回参議院議員通常選挙(第3次安倍第1次改造内閣)で選出された議員です。その、121議員が改選対象です。そして、2018年7月の公職選挙法改正による参議院議員定数が変更になり、次の選挙でも選ばれる議員数は今回2019年の参議院選挙と同様、124人です。

2016年7月25日に選出された議員方の任期満了日は2022年7月25日です。

公職選挙法にもとづき、参議院議員通常選挙は、議員の任期満了日の30日以内に、公示は投票日の17日前までに行われます。

よって、第26回参議院議員通常選挙は2022年の夏、具体的には、2022年6月25日から7月25日の間の日曜日に行われる予定です。7月10日で調整中とのことです。

参院選、公示日は6月22日 自民党茂木氏が発言

参院選の日程は政府が閣議決定する。2022年に改選を迎える参院議員は7月25日に任期が切れる。公職選挙法は参院選の投開票日を「閉会日から24日以後30日以内」と定める。

今国会の会期末は6月15日。政府・与党は会期を延長しない方針で、慣例通り日曜投票にすれば参院選の投開票は7月10日となる。

自民党の茂木敏充幹事長は3月13日の党大会で、夏の参院選が6月22日公示になると発言した。「参院選の公示日、6月22日まで100日となった。『その1票を削り出す』との強い思いで一気に走りだそう」と述べた。投開票は7月10日の見込みだ。

通常17日間の選挙期間を計算すると、公示は6月23日になる。茂木氏は「沖縄慰霊の日」と重なるため、公示日が1日前倒しされるとの見通しを示したとみられる。

出典 www.nikkei.com/article/DGXZQOUA143WX0U2A310C2000000/

参議院の改選議席数と議員定数は?

現在、2019年の選挙の後で、参議院議員の議員数は245人となりました。

2018年7月の公職選挙法改正による参議院議員定数が変更になったため、新しい参議院議員定数は248人です。次回の選挙でこの3人が増えることになります。

参議院の任期は6年ですが、3年ごとに半数の改選が行われます。

2019年7月21日に行われた、第25回参議院議員通常選挙では、124人の参議院議員が選ばれました。

その結果、2019年から2022年までは参議院の議席数が245人となります。

2022年の夏に予定されている、第26回参議院議員通常選挙でも、124人の参議院議員が選ばれます。

この選挙で選ばれた議員を合わせて、2022年から参議院議員数が改定された議席数248人となります。

激戦東京選挙区最新情報 山本太郎 乙武洋匡 蓮舫氏ら対決

 1149万1692名(2022年3月現在)の有権者を擁する東京選挙区は、2016年から定数12議席(改選6議席)。

2016年には民進党(当時)の蓮舫氏、自民党の中川雅治氏、公明党の竹谷とし子氏、日本共産党の山添拓氏、自民党の朝日健太郎氏、そして民進党(当時)の小川敏夫氏が当選し、2019年には、自民党の丸川珠代氏、公明党の山口那津男氏、日本共産党の吉良佳子氏、立憲民主党の塩村文夏氏、日本維新の会の音喜多駿氏、そして自由民主党の武見敬三氏が当選。当選ラインは50万票強。

スポンサーリンク

7月10日に投開票が予定される参議院選、自民党、立憲民主党、公明党、日本維新の会、ファーストの会、れいわ新選組がそれぞれ女性候補を擁立し、改選される6議席の過半数を占めそうな勢いだった。

 ところが5月19日に作家でYouTuberの乙武洋匡氏が動画で無所属で出馬することを表明、れいわ新選組の山本太郎代表も5月20日の“不定期会見”で「東京です、東京から出ます」と出馬を宣言。

有名人が参戦することで、同選挙区での戦いは予想がつかない。ただし、70万票以上の盤石な公明票を持つ竹谷氏や、圧倒的知名度で過去2回の参議院選でトップ当選を果たしている蓮舫氏は安泰と思われる。

山本太郎 乙武洋匡 知名度と実績

乙武氏は大学時代に執筆した「五体不満足」という600万部を超す大ベストセラーを持ち、卒業後はスポーツライターとしてメディアで活躍するなど、その知名度は圧倒的。過去に都知事選候補として名前が出たこともある上、2016年の参議院選では複数の政党からオファーを受け、自民党から東京選挙区で出馬の予定だったが週刊誌が乙武氏の女性スキャンダルを報じたためにそれを断念。以来、乙武氏は政治のチャンネルを配信するなど、発信を続けていた。

れいわ新選組の代表である山本氏は2013年の参議院選で東京選挙区に出馬し、66万6684票を獲得して定数5議席中4位で当選。2019年の参議院選では「れいわ新選組」を立ち上げて比例区に出馬し、山本氏自身は落選したものの99万2267票の個人票を獲得して特定枠の2名を当選させた。

2021年の衆議院選では東京ブロックにノミネートし、れいわ新選組が36万387票を獲得したために山本氏自身が議席を得た。この時の衆議院選で、れいわ新選組は比例区で3名を当選させ、参議院の2名を加えると、5名の政党となっている。

れいわ新選組は参議院東京選挙区で新宿区議だった(5月20日に辞職)よだかれん氏を擁立していたが、それを急遽差し替えての山本氏の出馬となった。5月20日午後に開かれた“不定期会見”で、山本氏は「いちかばちかの戦いをする状況ではない。3000サンプルを超える調査を行った結果、東京選挙区に立つことになった」

東京選挙区

れいわ新選組は日本維新の会の松井一郎代表からスラップ訴訟をかけられた水道橋博士こと小野正芳氏を擁立する予定で、政党間の激突も予想。出典 https://news.yahoo.co.jp/byline/azumiakiko/20220521-00297015

まとめ

参議院選挙2022年はいつ?激戦東京選挙区最新情報 山本太郎 乙武洋匡 蓮舫氏ら対決についてまとめました。

参議院数は2019年の選挙の後、245人となりました。
そして、2022年の選挙もまた夏に開催されます。

<関連情報>

参院選挙2019予想、朝日新聞世論調査の結果。参院選改選議席数、与党は過半数を取れるか?

参院選挙2019予想、東京新聞世論調査。参院選改選議席数、与党は過半数超え?

産経FNN世論調査2018年4月の結果について。内閣政党支持率と麻生大臣辞任への意見の世代格差、ネットとの乖離

ロイター企業調査にて安倍首相続投を望む割合は73%。安定性重視とネットでの評価

読売新聞の最新世論調査の内閣政党支持率2018年4月下旬は?ネットでの支持率との差について

毎日新聞の最新世論調査結果2018年4月について。内閣政党支持率とネット調査の違いについて

2018年4月の日本テレビの世論調査結果、内閣、政党支持率について

世論調査の内閣支持率最新をNHKが発表。2018年4月の政党支持率の推移と調査方法について

衆議院選挙の年代別支持政党率とその分析

スポンサーリンク

-政治について
-, , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。