旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

ノーベル賞について

ノーベル賞2022発表の日程と日本時間は?日本人受賞候補者は?村上春樹さんは?

投稿日:


ノーベル賞の授賞式は毎年12月に行われますが、その各賞の受賞者の発表は10月にされます。さて、2022年のノーベル賞受賞者の発表の日程、日本人受賞候補者はどのようになっているのか、調べてみました。

ノーベル賞発表の日程は?

その日程はノーベル財団のホームページに記載されております。アドレスはhttps://www.nobelprize.org/

2022年のノーベル賞受賞者の発表は例年通り、10月に行われます。

その日程として現在わかっているのは、

Coming up

Physiology or medicine – Monday 3 October, 11:30 CEST at the earliest
Physics – Tuesday 4 October, 11:45 CEST at the earliest
Chemistry – Wednesday 5 October, 11:45 CEST at the earliest
Literature – Thursday 6 October, 13:00 CEST at the earliest
Peace
– Friday 7 October, 11:00 CEST
Economic sciences – Monday 10 October, 11:45 CEST at the earliest

10月3日月曜日11:30に生理学・医学賞受賞者がカロリンスカ医科大学にて発表されます。

10月4日火曜日11:45に物理学賞、

10月5日水曜日11:45には化学賞の受賞者がスウェーデン王立科学アカデミーにて発表されます。

10月6日木曜日13:00には文学賞の発表

平和賞は10月7日金曜日11:00にノルウェーノーベル委員会にて発表、

経済学賞(正式名称はアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞となります)は10月10日月曜日11:45にスウェーデン王立科学アカデミーにて発表される予定となっております。

スポンサーリンク

ノーベル賞発表の日程は日本時間ではどうなる??

上の時間は全て現地時間(スウェーデン、ストックホルムとノルウェー、オスロ)です。二つの国と日本の時差は10月のこの時期では7時間です。よって、上の現地時間を日本時間に直すと以下の通りになります

生理学・医学賞は10月3日(月曜日)18:30、物理学賞は10月4日(火曜日)18:45、化学賞は10月5日(水曜日)18:45、文学賞は10月6日(木曜日)20:00,平和賞10月7日(金曜日)18:00、そして経済学賞は10月10日(月曜日)18:45、の予定となっております。

ノーベル賞2022発表の日程と日本時間は?日本人受賞候補者は?

ノーベル生理学・医学賞で注目される研究者

生理学・医学賞は、これまで5人の日本人が受賞しています。

注目されているのは、日本に有力な研究者が多い免疫学の分野で、

▽過剰な免疫反応を抑える「制御性T細胞」を発見した大阪大学特任教授の坂口志文さん
▽免疫の働きを強める「インターロイキン6」というたんぱく質を発見した大阪大学特任教授の岸本忠三さんがこれまでに国際的な賞を数多く受賞するなどしています。

このほかの分野では、

スポンサーリンク
▽細胞どうしを結び付けて臓器などを形づくる分子、「カドヘリン」を発見した理化学研究所名誉研究員の竹市雅俊さん
▽「小胞体」と呼ばれる細胞の器官が不良品のたんぱく質を修復したり分解したりする仕組みを解明した京都大学教授の森和俊さんもカナダの「ガードナー国際賞」などを受賞していて注目されています。

去年は物理学賞に真鍋淑郎さん

物理学賞は、アメリカ国籍を取得した人を含めこれまで日本から12人が受賞しています。

去年は、愛媛県出身でアメリカ国籍を取得している真鍋淑郎さんが受賞。気候をシミュレーションするモデルの基礎を開発し、地球温暖化の研究を切り開いた功績が評価されました。

また、研究の分野として「気象学」が物理学賞の対象となったのは初めてで、関係者には驚きも広がりました。

ノーベル化学賞で注目される研究者

化学賞はこれまで日本から8人が受賞しています。

「ノーベル賞級」とされる成果を挙げている日本の研究者は、ほかにも多くいることから毎年、化学賞受賞への期待が寄せられています。

▽東京大学卓越教授の藤田誠さんは分子どうしがひとりでに結び付く「自己組織化」と呼ばれる現象の研究で国内外で高く評価されています。

▽京都大学特別教授の北川進さんは「多孔性金属錯体」という特定の気体を貯蔵できる材料の合成で世界的に注目されています。

▽中部大学特任教授の澤本光男さんは数多くの分子を思いどおりの構造や機能を持つようにつなぎ合わせる「精密ラジカル重合」と呼ばれる手法を確立し、幅広い分野の新素材開発に影響を与えています。

文学賞 注目は村上春樹さんや多和田葉子さん

文学賞ではこれまで2人の日本人が受賞。

例年注目されるのは、作品が50以上の言語に翻訳され世界中で読まれている村上春樹さんです。これまでに、チェコの「フランツ・カフカ賞」やデンマークの「アンデルセン文学賞」など、海外の賞を複数受賞していて、毎年、イギリスの「ブックメーカー」が行っている受賞者を予想する賭けでは“有力候補”の1人となっています。

また、長年ドイツで暮らし日本語とドイツ語で小説を執筆している多和田葉子さんも、2018年に、アメリカの「全米図書賞」の翻訳文学部門に選ばれるなど注目されています。

村上春樹さん多和田葉子さんに注目です。

まとめ

ノーベル賞受賞者の発表、今年2022年は10月3日の医学賞の発表を皮切りに2週にわたって行われます。

2018年ノーベル賞発表の日程と日本時間は?なぜ数学賞がないの?

スポンサーリンク

-ノーベル賞について
-, , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。