旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

カーライフ

スバル レヴォーグ などのリコールの理由トヨタ リコール 不正?内部告発 動画の紹介

更新日:

スバル レヴォーグ などのリコールの理由トヨタ リコール 不正?内部告発 動画の紹介についてまとめました。

スバル新型レヴォーグ について 

スバル レヴォーグ などのリコールの理由

スバルが2022年7月21日に国土交通省に届け出たリコール。その台数は、国内だけで24万7383台。

同じ部品を搭載した海外向け車種は約24万9000台。これらを含めるとリコールは世界で50万台規模にまで膨らんだ可能性がある。

 SUBARUは海外向け車種のリコール台数は開示せず、「各国の法規に基づいてリコールの可能性を検証し、全てがリコールとなったわけではない」(同社)と説明。

同社の2021年(1~12月)の生産台数は74万5000台ほどなので、国内分のリコールだけで年間生産台数の約3分の1に相当する。これに海外分が加わるため、SUBARUにとっては大規模なリコールといえる。

 リコール対象は、「レヴォーグ」「インプレッサ」「XV」「WRX」「レガシィ」の5車種(図1)。品質不具合が見つかったのは電動パーキングブレーキである。同ブレーキで使用したハーネスコネクターに欠陥があり、電動パーキングブレーキが作動しない、もしくは解除できなくなる恐れ

SUBARUは「材料選定」につまずいた。

コネクターに多用される樹脂は3種類

 SUBARUは部品メーカーも具体的な材料名も明かさない。開示したのは、コネクターが樹脂製であり、融雪剤などの影響を受けて割れ、車両の振動などでコネクターが抜けるという情報のみだ。

 樹脂の専門家によれば、コネクターに多く使われる樹脂は3つ。エンジニアリングプラスチック(以下、エンプラ)であるポリアミド(PA)とポリブチレンテレフタレート(PBT)、スーパーエンプラの液晶ポリマー(LCP)である。これらのうち、融雪剤の影響を受けて割れるという条件を満たすのは「PAと考えるのが妥当」(同専門家)。

スポンサーリンク

 専門家の知見を総合すると、品質不具合を引き起こしたコネクターは、ガラス繊維を入れて強化したPAの射出成形品と想定できる。品質不具合の原因として考えられるのはケミカルクラック。

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/nmc/18/00011/00192/

スポンサーリンク

車のリコールについて検索していたところ、ハリアー,シエンタに関わるトヨタのリコール 不正についての動画をヒットしました

【内部告発】トヨタが不正とリコールで大変になっている件

まとめ

スバル レヴォーグ などのリコールの理由トヨタ リコール 不正?内部告発 動画の紹介

をまとめました。

スポンサーリンク

-カーライフ
-, , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。